ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

アジア舞台芸術人材育成部門(東京芸術祭)

日本

東京芸術祭アジア舞台芸術人材育成部門(Asian Performing Arts Forum (APAF))は、宮城聰氏(静岡県舞台芸術センター芸術総監督)がプロデューサーを務め、アジアの若い演劇人が出会い、共同制作を行う場として2002年に始められた事業です。

2016年度は国際交流基金アジアセンターが共催に加わり、特に東南アジアからの多彩な参加者を募ることで、アジア域内での若手演劇人ネットワークの構築と、国際共同制作へのトライアルの場としての役割を一層強化します。

 

 

 
(過去のワークショップおよび上演の様子)