ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

CROSSCUT ASIA #02 熱風!フィリピン

2014年、東京国際映画祭の新たな部門として創設した「国際交流基金アジアセンターpresents CROSSCUT ASIA」部門では、アジアの国、監督、俳優、テーマなどに焦点を当て、アジア映画の特集上映を行い、アジアの現在(いま)を鋭く切り取った珠玉の映画を紹介しています。

2014年の「魅惑のタイ」特集に続き、第2弾では、豊かな映画史を誇るとともに、「第3期黄金時代」に突入したと世界的に評されるフィリピン映画の世界を特集しました。カンヌ国際映画祭監督賞受賞の『キナタイ マニラアンダーグラウンド』などで知られる若き巨匠、ブリランテ・メンドーサ監督を特集した他、フィリピン映画の今を感じるラインアップを上映。監督や俳優ら来日ゲストによるQ&Aセッションを実施しました。

イベントレポートはこちら(外部リンク)

予告編

上映ラインナップ

『お里帰り』

m_Balikbayan_re (1)
© Kidlat Tahimik

『キッド・クラフ~少年パッキャオ』
m_Kid-Kulafu (1)
© TEN17P & ABS-CBN Film Productions Inc.

『インビジブル』
m_Imbisibol
©Solar Entertainment Corporation and Center Stage Productions

『バロットの大地』
m_Balut-Country
©Solar Entertainment Corporation and Center Stage Productions

『奇跡の女 [デジタル・リストア版]』<ディスカバー亜州電影>
m_HIMALA

<特集上映>ブリランテ・メンドーサの世界

『罠(わな)~被災地に生きる』
m_Taklub

『フォスター・チャイルド』
m_Foster-Child
©Seiko Films

『サービス』
m_SERBIS

『グランドマザー』
m_LOLA
©The Match Factory

『汝が子宮』
m_Thy-Womb
©CENTER STAGE PRODUCTIONS CO.

作品詳細・上映情報はこちら(外部リンク)

ブリランテ・メンドーサ監督メッセージ

 Brillante_Mendoza-200x266 「今回の東京国際映画祭で私の映画やフィリピンの映画が上映され、映画祭の一部となることを大変嬉しく思っています。皆さん、どうかご覧になってくださ い。 東京国際映画祭はフィリピン映画だけではなく、私達が普段映画館で観られないような趣向の変わった類いの映画を観ることができる最高のチャンスです。東京 国際映画祭をみんなで応援しましょう」

「第28回東京国際映画祭」開催概要

日程 2015年10月22日(木)~31日(土)
会場 六本木ヒルズ、新宿バルト 9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ 新宿他
チケット 10月10日(土)より東京国際映画祭公式サイトにて販売開始
主催 公益財団法人ユニジャパン
公式サイト http://2015.tiff-jp.net/

「CROSSCUT ASIA #01 魅惑のタイ」特集

国際交流基金アジアセンター×第28回東京国際映画祭(HOME)