ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

サッカー×アート アジア代表プロジェクト

サッカー日本代表を応援するアートとスポーツの融合イベント。サッカーを文化と捉え、スポーツとアートの融合を目指した九州・福岡発祥のアートプロジェクトであるアジア代表プロジェクト。市民参加型のワークショップを基本とし、マッチフラッグを制作。

pic1_580

マッチフラッグとは、一枚の布のうえに、試合をする両国の国旗をモチーフにし、作る旗のことです。日本と対戦する双方の国・地域のことを思い描きながら、サポーターの試合当日への思いを形にしていきます。過去には2006年ドイツ大会、2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会と3回のサッカーワールドカップ大会に合わせてマッチフラッグ制作のワークショップが開催され、試合会場でマッチフラッグを通してサポーターの思いが世界に届けられてきました。

スクリーンショット 2016-01-02 15.13.04

国際交流基金アジアセンターでは、2015年、2018年ロシア大会に向けて、総合プロデューサーの日比野克彦氏(アーティスト)と「アジア代表日本」実行委員会とともに、アジア各国・地域へ活動の輪を広めていきます。サッカーとアートのふれあいの場を増やし、新たなサッカー文化の形成、新たな価値観の創造を目指します。

pic2_580

ABOUT

アジア代表プロジェクトとは

MOVIE © CLASS STUDIO

NEWS

マッチフラッグのワークショップ開催等の情報

11月6日(金) 特設ウェブサイトを開設。

11月6日(金) シンガポール及びカンボジアにてワークショップを開催。

関連リンク