ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

タレンツ・トーキョー

日本

「タレンツ・トーキョー」は、ベルリン国際映画祭(ドイツ)の一環として開催されている人材育成プログラム「ベルリナーレ・タレンツ」の、海外展開における唯一のアジア版として2011年に開始されました。映画分野における東京からの文化の創造・発信を強化するため、「次世代の巨匠」になる可能性を秘めた「才能(=Talents、タレンツ)」を育成することを目的に、アジアの若手映画作家やプロデューサー15名を東京に集め、6日間に渡るワークショップ(プロによる講義や企画合評会、「東京フィルメックス」のコンペティション作品の上映等)を通じて、タレンツ同士、タレンツとプロの間でのネットワーク強化を目指します。

タイトル タレンツ・トーキョー
会期 例年11月(東京フィルメックス開催期間中の6日間)
会場 有楽町朝日ホールほか
対象 東アジア・東南アジア地域の映画監督・プロデューサーを目指す方
募集人数 国内外あわせて12~15名
主催 東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、国際交流基金アジアセンター、タレンツ・トーキョー実行委員会(東京フィルメックス)
提携 ベルリナーレ・タレンツ(ベルリン国際映画祭)
協力 東京ドイツ文化センター
ウェブサイト http://talents-tokyo.jp/

Talents Tokyo 2015


©Talents Tokyo / TOKYO FILMeX

グループセッションの様子


©Talents Tokyo / TOKYO FILMeX