ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

東京国際映画祭 連携映画交流事業

日本

国際交流基金アジアセンターは、2014年度より東京国際映画祭を通じてアジアにおける映画交流事業を実施しています。東京オリンピック・パラリンピックの開催される2020年まで行われるこの取り組みを通じて、日本を含むアジアの人々がお互いのことをよく知り合い、共感や共生の意識を育んでいくことを目指し、映画祭をプラットフォームにしてアジアの才能を海外へ発信していきます。

【東京国際映画祭(Tokyo International Film Festival, TIFF)】

東京国際映画祭(以下、TIFF)は日本で唯一の国際映画製作者連盟*公認の国際映画祭です。 1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生したTIFFは、日本及びアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の国際映画祭へと成長しました。いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に、世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供します。

* 国際映画製作者連盟:世界の映画産業、国際映画祭の諸問題を改善、検討する国際機関。パリに本部を置き、世界 29 ヵ国 (2015年5月現在)が加盟している。