ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

「他人の時間|Time of others」展

シンガポール, 日本, その他

写真:アン・ミー・レー 《被害対策訓練、米国艦船ナッシュビル、セネガル(「陸上の出来事」シリーズより)》 2009

国際交流基金アジアセンター、東京都現代美術館、国立国際美術館、シンガポール美術館、クイーンズランド州立美術館の共同主催による展覧会。2015年4月11日に東京都現代美術館で始まり、大阪、シンガポール、ブリスベン(オーストラリア)へと巡回し、各館のコレクションを含めたアジア・太平洋地域の若手を中心としたアーティスト約20名による作品を紹介している。

キュレーター:

崔敬華(東京都現代美術館)
橋本梓(国立国際美術館)
ミッシェル・ホー(シンガポール美術館)
ルーベン・キーハン(クイーンズランド州立美術館│現代美術館)

展覧会

東京都現代美術館「他人の時間」展(2015/4/11-6/28)

開催情報:こちら
公式サイト:こちら

国立国際美術館「他人の時間」展(2015/7/25-9/23)

開催情報:こちら
国立国際美術館公式サイト: こちら

シンガポール美術館「他人の時間」展(2015/11/28-2016/2/28)

シンガポール美術館公式サイト:こちら

クイーンズランド州立美術館|現代美術館「他人の時間」展(2016/6/11-2016/9/18)

クイーンズランド州立美術館|現代美術館公式サイト:こちら

関連イベント

「他人の時間」展オープニング記念国際フォーラム「いま、アジアの美術館活動を考える」

開催情報:こちら

国際シンポジウム2015 はじまりは90s‖東南アジア現代美術をつくる

開催情報:こちら

Art Studies_2_cover

※本シンポジウムの報告書は「The Japan Foundation Asia Center Art Studies Vol.2」として2016年4月に発行しています。