ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

アジア・リーダーシップ・フェロー・プログラム(ALFP)2016年度報告会

日本

『アジア・リーダーシップ・フェロー・プログラム(ALFP)2016年度報告会』
アジアのコモンズを求めて
~共有できるビジョンを創造するには~

1996年より国際文化会館と国際交流基金が共同事業として実施しているアジア・リーダーシップ・フェロー・プログラム(ALFP)は、これまでアジア諸国のさまざまな分野において際立ったリーダーシップを発揮している知識人をフェローとして120名以上招聘してきました。毎年9月初旬から10月下旬の2か月間、フェローたちは国際文化会館に滞在し、よりよい市民社会の実現に向けて、国境や専門分野を超えた人的ネットワークの形成と緊密なネットワーク構築をめざし、知的共同作業に取り組んでいます。
今秋も、市民社会の多様な分野で活躍する以下の7名のフェローが「Seeking Our Commons in Asia: How Can We Create Visions for the Future?」を共通テーマに、アジアが抱えるさまざまな課題や経験を共有し、互いに、そして日本の専門家と、約2か月にわたり対話を重ねてきました。来る10月27日、その対話の成果を交えながら、日本におけるハラール食の状況やフィリピンからみた南シナ海の領域問題など、フェローがそれぞれの専門や国の現状について報告する、公開セミナーを開催いたします。都内外各所での対話や視察を通じて、相互理解を深め、どのようにしてCommons(コモンズ)を基盤として持続可能なアジアの未来のために協力できるか、今後の展望とともにお話しいただきます。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

登壇者

モデレーター
水野孝昭 神田外語大学教授

発表者
藤岡 恵美子(日本)/ NPO法人ふくしま地球市民発伝所事務局長
Amran Hossain(バングラデシュ)/ ダッカ大学政治学部准教授
Lee Taeho(韓国)/ 参与連帯(PSPD)政策委員会委員長
Phan Ngoc Diem Han(ベトナム)/ レインボー・メディア&エンターテイメントCEO
Kumar Sundaram(インド)/ 核軍縮平和連合(CNDP)上席研究員
Criselda Yabes(フィリピン)/ ライター、フリージャーナリスト
Ayang Utriza Yakin(インドネシア)/ 国立イスラム大学ジャカルタ校講師、ナフダトゥル・ウラマー中央指導部モスク対策副議長

※フェローのプロフィールは http://alfpnetwork.net/fellow/ をご覧ください。

イベント詳細

タイトル アジア・リーダーシップ・フェロー・プログラム(ALFP)2016年度報告会
アジアのコモンズを求めて ~共有できるビジョンを創造するには~
開催日時 2016年10月27日(木)16:00~19:15
会場 国際文化会館 講堂
東京都港区六本木5-11-16 >>アクセス
入場料 無料(要予約)
予約:お申し込みフォーム
言語 英語/日本語(同時通訳付)
主催 国際交流基金アジアセンター、国際文化会館
ALFP
ウェブサイト
http://alfpnetwork.net/