ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

「...and Action! Asia#02」日本&東南アジア 映画・映像専攻学生映像制作企画プレゼンテーション

日本
and_action_lg

「…and Action! Asia 映画・映像専攻学生交流プログラム」は、日本を含むアジアの映画・映像分野を学ぶ学生による活発な対話や交流のプラットフォームを構築し、これによりアジア域内での交流の裾野を広げ相互理解を促進し、将来的な国際共同製作の可能性を導き出すことを目的として、2015年に開始しました。

第二回目となる本年は、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、ミャンマーの5か国の大学で映画・映像を専攻する学生と指導教員が共に来日し、日本の学生らと一緒に混成チームを結成し、東京を舞台にした短編映画の企画作成と、そのためのリサーチを東京にて行います。そして、数日間かけて作成された映画企画を、学生自ら公開プレゼンテーションにて発表します。当日は、現役の映像制作者やプロデューサーをゲストに迎えて企画の講評を行い、各国の視点で将来的な国際共同製作の可能性などについて語り合います。ぜひ、この機会にアジア各国の次世代を担う学生たちの表現を観にいらしてください。

イベント詳細

日程 2016年3月13日(日)13:00~17:45(12:30開場)
場所 国際交流基金 JFICホール[さくら]
プログラム 13:00 開演/挨拶
13:15 学生プレゼンテーション第1部/講評
15:15 休憩
15:25 学生プレゼンテーション第2部/講評
16:55 質疑応答
17:45 交流レセプション
講評者
(50音順・敬称略)
諏訪敦彦(映画監督、東京藝術大学 大学院映像研究科教授)
藤岡朝子(山形国際ドキュメンタリー映画祭理事)
安岡卓治(日本映画大学教授、プロデューサー)※予定
備考 ※日英同時通訳
※入場無料、事前予約不要(定員:100名)
※交流レセプションはどなたでもご参加いただけます。(参加無料・予約不要)