ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

アジアフォーカス・福岡国際映画祭2015 インドネシア大特集

日本

国際交流基金アジアセンターは、福岡市との連携事業の一環として、アジアフォーカス・福岡国際映画祭とともに東南アジア企画を共催します。今年は「マジック☆インドネシア」と題し、インドネシア大特集を行います。本特集では、インドネシア映画の特集上映はもちろん、『オペラジャワ』にも出演したダンサーのジェコ・シオンポによるステージイベント、ゲストとして来福する映画監督などによるシンポジウムなど関連事業を幅広く行います。長年、アジア映画を日本に紹介してきた福岡を代表する映画祭、アジアフォーカス・福岡国際映画祭に、ぜひ足をお運び下さい。

インドネシア大特集は、全8本。オープニング上映の『黄金杖秘聞』(イファ・イスファンシャ)を皮切りに、ガリン・ヌグロホ(『オペラジャワ』)、リリ・リザ(『クルドサック』『シェリナの大冒険』)といった名匠、 今年のロッテルダム国際映画祭でも作品が上映された若手のイスマイル・バスベス(『月までアナザー・トリップ』)、実験的な映画を撮るエドウィン(『動物園からのポストカード』)など、インドネシアを代表する監督の作品が目白押しです。また、ゲストとして登壇する監督、俳優も多数来福予定で、関連シンポジウムにも登壇します。

また、東南アジア関連企画として、タイ、ベトナム、フィリピンの3作品も公式招待作品として上映。このうち、フィリピンのブリランテ・メンドーサが製作総指揮の『インビジブル』(2015/ローレンス・ファハルド監督)は福岡を舞台に今年完成した新作。アジアセンターもサポートした本作品の日本プレミアとなります。

映画祭のスケジュール詳細や新着ニュースは、アジアフォーカス・福岡国際映画祭公式ホームページにて随時更新されます。

インドネシア文化にどっぷり浸れる貴重なこの機会、皆様のご来場をお待ちしております。

写真=「黄金杖秘聞(インドネシア)」

イベント概要

日時 2015年9月18日(金)~25日(金)
主要会場 キャナルシティ博多、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13、ぽんプラザホール(いずれも福岡市内)
プログラム ・公式招待作品-アジアの新作・話題作(15作品)
・インドネシア特集「マジック☆インドネシア」(8作品)
・日本映画特集「幻想の南洋」(4作品)
・ドキュメンタリー特集「アジア・リミックス」(3作品)ほか。
その他、シンポジウムやステージイベント、商談会など関連イベントも多数開催。
入場券 1作品券 前売:1,100円、当日:1,300円。ほか5作品券やフリーパス、学割等あり。8月1日(土)からチケットぴあ、ローソンチケット、eプラス等で、チケット販売開始。
主催 アジアフォーカス福岡国際映画祭、福岡市、[共催] 国際交流基金アジアセンター
お問い合わせ先 (1)映画祭全体に関して: 092-733-5170(映画祭事務局)
(2)映画祭インフォメーション: 080-8564-5475 (9/1~9/25 10~17時/土日祝も対応)
リンク 詳細は以下のリンクをご覧ください。
http://www.focus-on-asia.com

オープニング上映ご招待!

映画祭のオープニングイベントとして上映後を実施いたします。上映には抽選で150組300名様をご招待します。また、上映後、水上レッドカーペットでのオープニングセレモニーを華やかに開催します(オープニングセレモニーは入場無料、申込不要)。

上映作品 『黄金杖秘聞(おうごんじょうひぶん)』 The Golden Cane Warrior イファ・イスファンシャ監督(2014/インドネシア/カラー/110 分/日本語・英語字幕)
日時 2015年9月18日(金)開演16:00(舞台挨拶後上映開始)
会場 ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
申込締切 2015年8月18日(火)応募開始、9月6日(日)必着
申込方法 公式HP(http://www.focus-on-asia.com)をご覧ください(プレイベントも多数ございます)。

黄金杖秘聞(インドネシア)