ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

東京国際映画祭CROSSCUT ASIA提携企画「カラフル!インドネシア2」

日本

第29回東京国際映画祭(2016年)で好評を博した「CROSSCUT ASIA #03 カラフル!インドネシア」。この提携企画として、国際交流基金アジアセンターとアテネ・フランセ文化センターとの共催で、2016年11月のトークイベント「インドネシア怪奇映画の女王、スザンナ」に続き、特集上映「カラフル!インドネシア2」を2017年1月25日(水)-28日(土)に行います。
本特集では、エディ・チャフヨノ、ジョコ・アンワルなど注目の監督も紹介。加えて、カミラ・アンディニの短編最新作『メモリア』や、インドネシアの人気ネオ・アコースティックバンドWhite Shoes & The Couples Companyの音楽ドキュメンタリー、CROSSCUT ASIAでリメイクを上映した『三人姉妹』のオリジナル版、若手監督を中心とした短編傑作選まで、盛りだくさんの特集となります。
最終日の1月28日(土)には、エディ・チャフヨノ(『SITI』監督)と、本特集のプログラミングにも携わったメイスク・タウリシアをゲストに迎え、「インドネシアの今を見つめる、映画に何ができるのか」と題したシンポジウムを行います。
また、CROSSCUT ASIA同様、映画をご覧になったお客様には、今回の上映のために新たに制作した特別冊子を無料配布します。
映画のお得な回数券もご用意していますので、この機会にぜひ足をお運び下さい。

イベント詳細

イベント名 東京国際映画祭CROSSCUT ASIA提携企画
カラフル!インドネシア2
会期 2017年1月25日(水)~28日(土)
会場 アテネ・フランセ文化センター
千代田区駿河台2-11 アテネ・フランセ4階
(JR御茶ノ水・水道橋駅から徒歩7分) ≫アクセス
Tel: 03-3291-4339(13:00-20:00)
入場料 一般:1,300円 / 学生・シニア:1,100円/3回券:2,700円/アテネ・フランセ文化センター会員:800円

※各回入替制。いずれも当日販売のみ。
※1/28(土)のシンポジウムは、入場無料/予約不要です。

主催 国際交流基金アジアセンター、アテネ・フランセ文化センター
特別協力 東京国際映画祭
協力 福岡市総合図書館、逗子海岸映画祭
ウェブサイト http://www.athenee.net/culturalcenter/program/in/indonesia.html
チラシ PDF版(4.27 MB)

上映作品

詳細・スケジュールは、アテネ・フランセ文化センター 公式WEBサイト をご参照下さい。

『三人姉妹』
The Three Sisters (a.k.a. Three Maidens)
(ウスマル・イスマイル/1956/115分)
「カラフル!インドネシア」で上映されたニア・ディナタの『三人姉妹』(2016年版)のオリジナル。インドネシア映画の父、ウスマル・イスマイルの代表作。

『9808-インドネシア民主化10年目のアンソロジー』 
9808 Anthology of 10th Year Indonesia Reform

(ウィヌス・スルヤプラタマ、ウチュ・アグスティン、オッティ・ウィダサリ、スティーヴ・ピラー・スティアブディ、ハフィズ、ルッキー・クスワンディ、アングン・プリアムボド、イファ・イスファンシャー、エドウィン、アリアニ・ダルマワン/2008/115分)
1998年5月におきたジャカルタ暴動、そしてスハルト政権崩壊から10年の節目に、10人の映画監督、アーティスト、ミュージシャンなどの短編10本をまとめたアンソロジー。
『禁断の扉』
The Forbidden Door
(ジョコ・アンワル/2009/115分)
サスペンスを得意とするジョコ・アンワルのサイコホラー。インドネシアのベストセラー小説を映画化した。貴重な35mmプリントで上映。

プリント提供:福岡市総合図書館

『SITI』 監督来日!
(エディ・チャフヨノ/2014/88分)
エディ・チャフヨノの長編2作目。献身的な妻と、徹底的にそれを受け入れない夫を描く。シンガポール国際映画祭を始め、多くの映画祭で上映、受賞した作品。

協力:逗子海岸映画祭

『White Shoes & The Couples Company in Cikini』 
(ヘンリー・ファウンデーション/2016/84分)
ジャカルタで2002年に結成されたポップグループのチキニでのライブを追ったドキュメンタリー。日本でもアルバムが発売されている。

≪インドネシア短編映画傑作選≫

カミラ・アンディニ最新作と、名だたる映画祭で上映された注目作を一挙上映

『マリアム』
Maryam
(シディ・サレー/2014/17分)
ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門で受賞。
『虎の衣を借る狐』
The Fox Exploits the Tiger’s Might
(ルッキー・クスワンディ/2015/25分)
カンヌを始め、多くの映画祭で上映。
『申年』
In The Year of Monkey
(レガス・バヌテジャ/2016/12分)
カンヌ批評家週間でLeica Cine Discovery賞を受賞。
『恐怖の期限で』
On the Origin of Fear
(バユ・プリハントロ・フィレモン/2016/12分)
ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門で上映。
『メモリア』
Memoria
(カミラ・アンディニ/2016/35分)
東ティモールを舞台に、女性の自由を問いかける野心作。

シンポジウム詳細

日時 2017年1月28日(土)18:10より(90分予定)
会場 アテネ・フランセ文化センター(JR御茶ノ水・水道橋駅から徒歩7分)
入場料 入場無料・予約不要
テーマ 「インドネシアの今を見つめる、映画に何ができるのか」

『SITI』の監督エディ・チャフヨノと、本特集のプログラミングにも関わったプロデューサーのメイスク・タウリシアを招き、勢いあふれる現代インドネシア映画の今を切り取ります。

モデレーター:クリス・フジワラ(映画批評)

通訳:藤岡朝子(山形国際ドキュメンタリー映画祭理事)

登壇者 エディ・チャフヨノ(『SITI』監督)

インドネシア、ジョグジャカルタ生まれ。制作会社Fourcolours Filmの設立者の一人で、短編映画"Between Past and Present"が多くの賞を受け、注目を集めるようになった。長編第1作は"Let's Dance!"(2010)。『SITI』(2014)が長編2作目で、シンガポール、上海、ロッテルダム、ウーディネ、台北などの国際映画祭で上映された。

メイスク・タウリシア(プロデューサー)

プロデュース作は、エドウィン監督の『空を飛びたい盲目のブタ』(2008)、『動物園からのポストカード』(2011)、『舟の上、だれかの妻、だれかの夫』(2013/短編)、カミラ・アンディニ監督の『ディアナを見つめて』(2015)など。キノサウルスというイベントスペースを2015年12月にジャカルタにオープンし、週末には特集上映などを主催している。