ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

...and Action! Asia#04 -映画・映像専攻学生交流プログラム-公開上映・プレゼンテーション

日本

2月28日(水曜日)~3月13日(火曜日)の2週間、日本と東南アジアで映像制作を学ぶ学生による短編映画の共同制作と上映を中心としたワークショップ「...and Action! Asia#04」および公開上映・プレゼンテーションを実施します。

4年目の事業となる本年は、日本映画大学との共催で、日本、タイ、ベトナム、マレーシア、ラオスの大学で映画制作を専攻する学生・教員の計26名が日本に集まり、2週間のワークショッププログラムを実施します。3月11日(日曜日)には、映画監督の井口奈己氏(『犬猫』、『人のセックスを笑うな』)などを講評者として招き、ワークショップで制作した短編映画作品の公開上映会・プレゼンテーションを実施します。

参加大学

  • タイ:スアン スナンダ ラーチャパット大学
  • ラオス:国立美術大学
  • ベトナム:映画人材開発センター(TPD)
  • マレーシア:マレーシアサラワク大学
  • 日本:神戸芸術工科大学、東北芸術工科大学、日本映画大学、武蔵野美術大学、早稲田大学

講評者(予定)

  • 井口奈己(映画監督)
  • 石坂健治(日本映画大学 学部長)
  • 小口詩子(武蔵野美術大学 映像学科教授)
  • 渡部眞(名古屋学芸大学 メディア造形学部長)

昨年度の様子

...and Action! Asia#03 2016年度の様子
...and Action! Asia#03 2016年度の様子
...and Action! Asia#03 2016年度の様子

イベント概要

...and Action! Asia#04 -映画・映像専攻学生交流プログラム-公開上映・プレゼンテーション

日時 2018年3月11日(日曜日)14時~18時終了予定(13時30分開場)
会場

国際交流基金 ホール[さくら] アクセス
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1 2F google map

参加費 無料(事前予約不要)
定員 100名
言語 日英同時通訳
主催 国際交流基金アジアセンター
共催 日本映画大学
後援 全日本映画教育協議会
協力 名古屋学芸大学
協賛 キヤノンマーケティングジャパン株式会社
株式会社 ナックイメージテクノロジー

...and Action! Asia -映画・映像専攻学生交流プログラム-」事業

2015年、日本を含むアジアの映画・映像分野を学ぶ学生による活発な対話や交流のプラットフォームを構築し、これによりアジア域内での交流の裾野を広げ相互理解を促進し、将来的な国際共同製作の可能性を導き出すことを目的として開始した映画交流プロジェクト。日本または東南アジアのいずれかの国で各国の学生と教員が集い、その協働プログラムを通して、世界に向けた国際的感覚を培うとともに、各国間の映像教育における継続的なネットワークの形成と交流を促進することを目指します。