ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

APAF‐アジア舞台芸術人材育成部門2017

日本

今後アジアの舞台芸術を担う期待の演出家・パフォーマーたちが国際共同制作に挑むプロジェクト、APAF‐アジア舞台芸術人材育成部門 国際共同制作ワークショップを本年も実施します。

APAF‐アジア舞台芸術人材育成部門とは
宮城聰氏(SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督)がプロデューサーを務め、アジアの若い演劇人が出会い、共同制作を行う場として2002年に始動。2016年度からは国際交流基金アジアセンターが共催に加わり、特に東南アジアからの多彩な参加者を募ることで、アジア域内での若手演劇人ネットワークの構築と、国際共同制作へのトライアルの場としての役割を一層強化する事業です。また、APAF-アジア舞台芸術人材育成部門は、東京芸術祭2017の一環として開催されます。

本年は、アジア8か国16人の若手アーティストが11月20日より東京・静岡にてワークショップを通して「化粧」をテーマに小作品(15分×3作品)の共同制作を行います。
11日間に渡るワークショップの成果を発表する上演会とオープンディスカッションを東京芸術劇場にて開催します。
台湾、日本、インドネシアの個性あふれる演出家3名を中心とした俳優、ダンサーたちによる創造性あふれる舞台作品とその制作過程をぜひご覧ください。

2016年APAF国際共同ワークショップ上演会の動画

イベント詳細

国際共同制作ワークショップ上演会

日時:
2017年12月1日(金曜日)19時30分~
2017年12月2日(土曜日)14時~

注:上演時間:約90分
注:受付開始は開演の30分前

会場:

東京芸術劇場 シアターウエスト アクセス

東京都豊島区西池袋1-8-1 google map

演出:
チャン・チェンクェイ(Chang Chien-Kuei/台湾)
西悟志
ユスティアンシャ・ルスマナ(Yustiansyah Lesmana/インドネシア)

出演:
アブナー・デリナ・ジュニア(Abner Delina Jr./フィリピン)
石井武
石井麻衣子
ウォン・ズィー(Wong Zee/シンガポール)
三方美由起
チャン・ホーチェン(Chang Ho-Chien/台湾)
デシ・スサンティ(Desi Susanti/インドネシア)
デニス・モルデノ・アギラー(Denise Mordeno Aguilar/フィリピン)
ニャン・リン・アウン(Nyan Lin Aung/ミャンマー)
パタウィー・テープクライワン(Pathavee Thepkraiwan/タイ)
平山葉子
藤田善宏
レー・ミン・クァン(Le Minh Quan/ベトナム)

料金:無料(全席自由、要予約)

予約: butai.asia/ja/info02

演出家

チャン・チェンクェイ(Chang Chien-Kuei/台湾)

チャン・チェンクェイ

Chang Dance Theater(長弓舞蹈劇場)の創設者、振付家。パリ、マドリード、マイアミ、バンクーバー、香港、マレーシア、インドネシア、シンガポールと台北で公演を行う。台湾の「Taiwan Choreography Dance Competition(舞躍大地舞蹈創作比賽)」で2011年、2012年と2014年に年度大賞を受賞し、2011年と2012年に優選賞を受賞。作品はパリ、スペイン、シンガポール、中国で招待上演されている。また、シンガポールのダンス・カンパニーFrontier Dancelandに振付家として招待されている。

西悟志(日本)

西悟志

1974年広島生まれ。演出家。東京大学在学中より劇団を立ち上げ、2002年利賀演出家コンクールにて優秀演出家賞を受賞。翌年、受賞作をモスクワで上演。演出作にイヨネスコ『二人で狂う』(受賞作)、イプセン『人形の家』、ワイルダー『わが町』など。2005年劇団が解散。10年の活動休止を経て、2016年にチョウソンハ・池田有希子の二人芝居『マクベス』を演出。「おもしろくする!」が信念。

ユスティアンシャ・ルスマナ(Yustiansyah Lesmana/インドネシア)

ユスティアンシャ・ルスマナ Yustiansyah-Lesmana

2003年に俳優として演劇の世界に入り、2009年にTeater Ghanta(ガンタ劇場)の演出家となる。同年に「College Students National Theatre Festival(全国大学生演劇祭)」で最優秀演出家賞を受賞。2011年と2012年には「The South Jakarta Theatre Festival(南ジャカルタ演劇祭)」で、2013年と2014年には「Jakarta Theatre Festival(ジャカルタ演劇祭)」で最優秀演出家に選ばれる。2014年、スイスで開催された「Imagine Festival(反レイシズムのアートフェスティバル)」に招待された。10以上の創作・演出作品を発表しており、オブジェやメインテーマとしてありふれた日常品を取り上げたものが多い。主な作品は、『Dari JAM BAN ke Speed Tank(クロックタイヤ—トイレ—スピードタンク—浄化槽 2009)』、『GASPOLREMBLONG(2011)』、『LIKUKULIKU(2014)』など。『Jakarta Karikatur(2012)』、『dan STIANG?(2014)』では、伝統的なアプローチを題材としている。現在、Teater Ghantaの演出家を務め、様々なテーマに対して共同作業と分野横断的なアプローチで取り組んでいる。共同作業を通じて、変化する文化と現実のなかから「演劇とは何か」という根本的な問いに答える方法を模索している。

オープンディスカッション
APAFアートキャンプ・ラップアップ~「プロセス」「プログレス」から見る国際共同制作の可能性~

アジアをはじめ国際的に広く活動を展開する、演出家・多田淳之介氏を司会にお招きし、国際共同制作における「プロセス」や「プログレス」をテーマに、参加者同士で交わされた意見をまとめ発表するプレゼンテーションや、演出家3名と多田氏によるシンポジウムを開催し、国際共同制作における今後の可能性を見つめ直します。

日時:2017年12月4日(月曜日)17時~20時30分

会場:

東京芸術劇場 シンフォニースペース アクセス

東京都豊島区西池袋1-8-1 google map

司会:多田淳之介(演出家、東京デスロック主宰、富士見市民文化会館キラリふじみ芸術監督)

登壇:国際共同制作ワークショップ参加者ほか

料金:無料(申込不要)

関連イベント 国際共同クリエーション公演『Kiss Kiss Bang Bang 2.0』

昨年度の国際共同制作ワークショップで創作された作品をバージョンアップ、フルサイズ化して上演します。

日時:
2017年12月1日(金曜日)16時~
2017年12月3日(日曜日)17時~

注:上演時間:約60分
注:受付開始は開演の30分前

会場:

東京芸術劇場 シアターウエスト アクセス

東京都豊島区西池袋1-8-1 google map

演出:ワン・チョン(Wang Chong/中国)

出演:
アン・ヴァラッタ・トンギョ(Anne Varattha Tongyoo/タイ)
大石憲
川久幸
ニコロ・リカルド・マグノ(Nicolo Ricardo Magno/フィリピン)
橋本匠

料金:無料(全席自由、要予約)

予約:butai.asia/ja/info01

Kiss Kiss Bang Bang 2.0
プロデューサー 宮城聰(SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督、東京芸術祭2018総合ディレクター)
主催 アジア舞台芸術祭実行委員会(構成団体:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団、公益財団法人東京観光財団)/ 豊島区[注]
共催 国際交流基金アジアセンター
提携 SPAC-静岡県舞台芸術センター
助成 平成29年度 文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業
(としま国際アートフェスティバル事業)[注]

注:舞台芸術国際共同制作人材育成事業「APAFアートキャンプ」

APAF公式ウェブサイト http://butai.asia/ja/
APAF logo

APAF Twitter https://twitter.com/APAF_TOKYO