ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

Festival/Tokyo 2017 オープニングプログラム ピチェ・クランチェン演出『Toky Toki Saru(トキトキサル)』

日本

ポップでキッチュ、自由なサルたちとめぐる「トーキョー」

日本最大級の国際的な舞台芸術祭であるフェスティバル/トーキョー(F/T)17のオープニングを飾るのは、国際的に活躍するダンサーであり振付家であるピチェ・クランチェがコンセプト・演出の立場から創作に挑んだ初の野外作品です。南池袋公演に設置された特設ステージをはじめとする会場で、劇場空間にとらわれない新たな作品と観客の出会いを創出します。

クランチェンは、作品制作のために東京に滞在し、この町に生きる人それぞれの「歩く」という行為から、東京という街の現在をとらえました。そしてこの街を表す存在として、賢く、そして機敏な「サル」に象徴的な役割を託しました。タイトルの「Toky Toki Saru(トキトキサル)」は「東京 時間 サル」を表しています。

タイ国内だけでなく海外からも注目されるファッションブランド「Fly now III」が手掛けたカラフルな衣装を身にまとったサルたちが、ステージだけでなく街の中を練り歩く予定です。

ピチェ・クランチェン Pichet Klunchun

ピチェ・クランチェン Pichet Klunchun

タイの古典仮面舞踏劇コーンの名優チャイヨット・クンマネーのもとで16歳より訓練を開始。バンコクのチュラロンコン大学で芸術・応用美術の学士号を取得後、舞台芸術を探求してきた。北米、アジア、ヨーロッパの各地で様々な舞台芸術プロジェクトに参加。フランス政府から芸術文化勲章シュバリエ章(2012)、アジアン・カルチュラル・カウンシルからジョン・D・ロックフェラー三世賞(2014)を受賞。近年では、『Dancing with Death』(2016)『Black and White』(2015)などが日本で上演されている。

イベント詳細

タイトル 日・タイ修好130周年記念事業

フェスティバル/トーキョー17  オープニングプログラム

『Toky Toki Saru(トキトキサル)』

コンセプト
・演出
ピチェ・クランチェン
場所 南池袋公園(特設ステージ)ほか

注:観客席はありません。芝生の上で、ご自由にご鑑賞いただけます。

開催日時 2017年9月30日(土曜日)17時00分~18時30分

10月1日(日曜日)13時00分~14時30分

注:雨天決行、荒天中止

天候に関わらず、9月30日(土曜日)14時、10月1日(日曜日)10時に、実施の可否を下記のF/T公式ウェブサイトにて発表。ただし、それ以降に主催者の判断により変更になる場合も有り。

 

(フェスティバル/トーキョー17の開催期間:2017年9月30日~11月12日)

上演時間 90分

注:上演時間に変更が出ています。ご留意ください。

料金 入場無料(予約不要)
ウェブサイト フェスティバル/トーキョー 公式ウェブサイト

http://www.festival-tokyo.jp/

主催 フェスティバル/トーキョー実行委員会

豊島区/公益財団法人としま未来文化財団/NPO法人アートネットワーク・ジャパン、アーツカウンシル東京・東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

共催 国際交流基金アジアセンター
協力 公益財団法人セゾン文化財団