ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

Innovative City Forum 2017 国際交流基金アジアセンターセッション

日本

「都市とライフスタイルの未来を描く」をテーマに、国内外の有識者が集い、東京をはじめとする都市の未来について議論する国際フォーラム Innovative City Forum 2017 にて、国際交流基金アジアセンターセッションを開催します。

本セッションは、広くアジアの文化、社会のイノベーションを語り、未来の担い手である次世代が語り合う場です。「とき/Time」「ところ/Place」「ひと/Community」という3つのテーマで、東南アジア、日本のイノベーションの実践を共有しあいながら、アジアの未来における幸福(Happiness)を探求する議論をします。

イベント詳細

スマートフォンでご覧の場合は横スクロールします

タイトル Innovative City Forum 2017

国際交流基金アジアセンターセッション

開催日時 2017年10月14日(土曜日) 13:00~18:00
プログラム 【オープニングセッション】

トリ・リスマハリニ(スラバヤ市長)

蜷川実花(写真家­/­映画監督)

オナー・ハーガー(アートサイエンス・ミュージアム エクゼクティブ・ディレクター)

南條史生(森美術館館長)

 

【トークセッション】

とき/Time

エイミー・ベサ(­アン・サリリン・アティン料理文化研究所創設者)

舘鼻則孝(­アーティスト)

 

ところ/Place

ニラモン・クンスリソムバット(­都市設計・開発センターUddCディレクター)

フランソワ・ロッシュ(­建築家)

芦沢啓治(建築家)

モデレーター:南條史生(­森美術館館長)

 

ひと/Community

ソムチャイ・ソンワタナー(­「FLYNOW」CEO)

卯城竜太(Chim↑Pom)

エリイ(Chim↑Pom)­

モデレーター:小川希(­Art­Center­Ongoing­代表、2015年度 国際交流基金アジアセンター アジア・フェロー)

会場

六本木アカデミーヒルズ

106-6149 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49F

入場料 国際交流基金アジアセンターセッション:2,000円(税込)

※その他の各セッション:5,000円(税込)
※要事前申込

申込方法 Innovative City Forum 2017 公式サイトの申込フォームよりお申込みください。
言語 日英同時通訳

Innovative City Forum 2017

スマートフォンでご覧の場合は横スクロールします

タイトル Innovative City Forum 2017
開催日時 10月12日(木曜日)~10月14日(土曜日)
会場

六本木アカデミーヒルズ

106-6149 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49F

入場料 各セッション:5,000円(税込)

※国際交流基金アジアセンターセッション:2,000円(税込)
※要事前申込

主催 森記念財団都市戦略研究所、森美術館、アカデミーヒルズ
共催 国際交流基金アジアセンター、MITメディアラボ、ソニーコンピュータサイエンス研究所
協力 世界経済フォーラム、国際文化会館、WIRED日本版、ロフトワーク、Media­ Ambition ­Tokyo
後援 経済産業省
公式サイト http://icf.academyhills.com/