ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

三陸国際芸術祭2017 大船渡

日本

今年で4年目を迎える「三陸国際芸術祭」。震災から6年の歳月を経て、今年は、4月29日に「まちびらき」した岩手県大船渡駅周辺をメイン会場として、三陸とアジアの芸能が未来に向かって集います。特設ステージでの夜神楽やコミュニティダンス、大型商業施設キャッセン大船渡や須崎川の親水空間を彩る現代アート、さらに、三陸の芸能を実際に習うことができる体験型のアクティビティーや映像祭など様々なプログラムが展開されます。

国際交流基金アジアセンターでは、三陸国際芸術祭と連携して「Sanriku-Asian Network Project(サンプロ)」を実施しています。「サンプロ」で招へいしたアジアの郷土芸能団が、三陸国際芸術祭に出演し、ワークショップや学校公演など市民との交流事業を行っています。

イベント詳細

タイトル 三陸国際芸術祭2017 大船渡
開催日時 プレ・イベント 2017年8月5日(土)~10日(木)

メイン・プログラム 2017年8月11日(金・祝)・12日(土)

フォーラム 2017年8月13日(日)

会場 岩手県大船渡市大船渡駅周辺

メイン会場:キャッセン大船渡 コミュニティスペース

岩手県大船渡市大船渡町字野々田10-3

入場料 無料
出演者 チルボン仮面舞踊団(インドネシア)

バジャウ族伝統舞踊団(マレーシア)

黒森神楽(岩手県宮古市)

金澤神楽鶏子舞(岩手県大槌市)ほか

主催 文化庁、NPO法人JCDN、三陸まちづくりアート実行委員会、八戸三陸国際芸術祭実行委員会
共催 みんなのしるしLLC、公益財団法人全日本郷土芸能協会、一般社団法人アーツグラウンド東北、八戸市
助成 損保ジャパン日本興亜「SOMPOアート・ファンド」(企業メセナ協議会2021 Arts Fund)、日本万国博覧会記念基金、公益財団法人福武財団
協力 国際交流基金アジアセンター、トヨタ自動車株式会社、アサヒグループホールディングス株式会社、種差観光協会、白浜女房
お問合せ先 三陸国際芸術祭事務局
Tel: 0192-47-5123
Fax: 0192-47-5125
E-mail: info@sanfes.com
ウェブサイト http://sanfes.com/