ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

TIFFCOMセミナー「フィリピンから学ぶ! ロケーション誘致と日本での応用法」

日本

国際交流基金アジアセンターは公益財団法人ユニジャパンとの共催で、東京国際映画祭の併設コンテンツマーケットTIFFCOMにて、セミナー「フィリピンから学ぶ! ロケーション誘致と日本での応用法」を10月26日(木曜日)に実施します。

1970年代の『地獄の黙示録』から最近では『パシフィック・リム』まで、フィリピンで撮られた世界的大作は多数。一方、日本に目を向けると、日本が舞台となっている『沈黙』『Ghost in the Shell』などの大作が日本で撮影されていないという現実があります。本セミナーでは、フィリピンが海外からも愛される映画撮影地になった理由と、日本のロケーション誘致のポテンシャルについて語ります。

出演者

中田秀夫(映画監督)

中田秀夫

Liza Diño-Seguerra(Chairperson and CEO, Film Development Council of the Philippines)

Liza Dino-Seguerra

Tina B. Tubongbanua(Assistant Vice President-Licensing and Acquisition, Viva Communications, Inc.)

 Tina B. Tubongbanua

佐藤有史(一般財団法人さっぽろ産業振興財団 札幌フィルムコミッション 映像産業振興係長)

佐藤有史

モデレーター

石坂 健治(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター/日本映画大学教授・映画学部長)

石坂 健治

イベント詳細

TIFFCOMセミナー「フィリピンから学ぶ! ロケーション誘致と日本での応用法」

開催日時 2017年10月26日(木曜日)13時~14時30分
会場

サンシャインシティ コンベンションセンター セミナールーム1 アクセス

東京都豊島区東池袋3丁目1 google map

入場 申込不要。但し、セミナー聴講にはJapan Content Showcaseのバッジが必要となります。詳細は公式ウェブサイト(http://www.jcs.tokyo/ja/)をご確認ください。
主催 国際交流基金アジアセンター/公益財団法人ユニジャパン
提供 Variety

Japan Content Showcase公式ウェブサイト(http://www.jcs.tokyo/ja/