ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

...and Action! Asia -映画・映像専攻学生交流プログラム-

国際交流基金アジアセンターは、日本と東南アジアの映画・映像専攻の学生が集う「...and Action! Asia -映画・映像専攻学生交流プログラム-」を開始します。

日本と東南アジア各国で映像製作や映画理論を学んでいる学生が集い、「映画」「映像」を共通項に他の参加者と寝食を共にする合宿形式のプログラムに参加します。これにより、アジアに生きる人々としての共感や共生、そして将来のクリエイションの糧にもなる国際的なまなざしを育むことを目指します。毎年、日本または東南アジアのいずれかの国で実施し、2年目以降は背景の異なる学生達がチームを組み短編映画の国際共同制作にも挑みます。

第1回目となる2015年は、インドネシア、タイ、フィリピンの大学で映画・映像を専攻する学生が各大学の指導教員と共に来日し、日本映画大学(2015年プログラム共催)の学生と一緒に、東京、大阪、京都での10日間(3月8日~3月17日)のプログラムに参加します。参加者は、各自の短篇映像の上映とディスカッション、各国の映画産業・映画文化についてのプレゼンテーション、日本の映画上映現場の視察などに取り組みます。

2015年プログラム概要

日程 2015年3月8日(日)~3月17日(火)
主催 国際交流基金アジアセンター
共催 日本映画大学
参加大学・人数 インドネシア:
ジャカルタ芸術大学 Jakarta Institute of Arts (学生3名、教員1名)タイ:
シラパコーン大学 Silpakorn University (学生3名、教員1名)フィリピン:
フィリピン大学 University of the Philippines (学生3名、教員1名)日本(受入機関):
日本映画大学 Japan Institute of the Moving Image
公開イベント ...and Action! Asia 公開イベント「東南アジアで映画を撮る!~日本の若手監督・脚本家と語る国際共同製作~」(2015年3月12日(木))

公開イベント開催!

 and_asia_action_2015_event_main

公開イベント(2015年3月12日(木))
「東南アジアで映画を撮る!~日本の若手監督・脚本家と語る国際共同製作~」