ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

東京国際映画祭CROSSCUT ASIA第4弾は、東南アジアの名匠が推す次世代監督の映画を特集!

国際交流基金アジアセンターは、10月25日(水)に開幕する第30回東京国際映画祭(以下、TIFF)にて、アジア映画特集シリーズ「国際交流基金アジアセンターpresents CROSSCUT ASIA」の第4弾として、「ネクスト!東南アジア」と題し、東南アジアの巨匠監督が推薦する若手監督の作品を大特集します。

2014年にTIFFの一部門として設立された「CROSSCUT ASIA」では、国、監督、テーマなど様々な切り口で、アジアの現在(いま)を鋭く切り取った映画の特集上映を行っています。2014年「魅惑のタイ」、2015年「熱風!フィリピン」、2016年「カラフル!インドネシア」特集に続き、ASEAN設立50周年を迎える本年は、東南アジアの国の新作映画を幅広く網羅。
今年はフィリピンのブリランテ・メンドーサ監督(『ローサは密告された』<2016>)、ベトナムのトラン・アン・ユン監督(『ノルウェイの森』<2010>)タイのアピチャッポン・ウィーラセタクン監督(『ブンミおじさんの森』<2010>)、インドネシアのガリン・ヌグロホ監督(『オペラ・ジャワ』<2006>)など、精力的な映画制作や後進の教育活動などで各国の映画界を牽引する名監督たちが、直々に推薦する若手監督たちの作品を紹介し、先輩から後輩へとつながる東南アジア映画の系譜に注目いたします。ぜひ、ご期待ください。

「第30回東京国際映画祭」開催概要

第30回東京国際映画祭

日程 2017年10月25日(水)~11月3日(金・祝)
会場 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)ほか
主催 公益財団ユニジャパン
公式サイト http://www.tiff-jp.net