ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

「伝統のチカラ、芸能のカタチ」事業 2016年度の成果をまとめた冊子を発行!

「伝統のチカラ、芸能のカタチ」事業で2016年度に実施したインドネシア調査出張、伝統芸能や古典と向き合う対談シリーズに加え、折に触れて事業メンバーが感じたり考えたりしたことなど、インドネシアや日本の伝統芸能にまつわる様々な情報も盛り込んだ冊子がついに完成!

2016年度より開始した「伝統のチカラ、芸能のカタチ」事業は、木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎主宰)、時松はるな(画家・イラストレーター)、園田喬し(ライター・編集者)、本郷麻衣(舞台制作者)、遠藤雄(インドネシア研究者、アジアセンター担当)、前田佳子(アジアセンター担当)の6名を核として、東南アジアと日本の伝統のチカラを再発見し、現代の芸能のカタチを考えるプロジェクト です。これまでに、インドネシア渡航に向けた勉強会、約2週間に渡って3地域を巡るインドネシア調査を実施し、また、日本国内では作家・詩人の池澤夏樹さんとの対談を行いました。

この度は、公式ウェブサイト(http://dento.jfac.jp/)に掲載されている記事の他に、新たに書下ろしたコラムやイラストなどを加え、インドネシアや日本の伝統芸能のことなどを「知らなくても面白い」、「知っていてなお面白い」、「深く知ってようやく面白い」の3つを全て叶えられることを目指し、これまでの事業の足跡を1冊の本にまとめました。手に取ってじっくりとページをめくりながら事業を振り返り、今後の展開をともに考えていただけたら幸いです。

発行日 2017年10月5日(木曜日)
申込方法 発行日より公式ウェブサイト(http://dento.jfac.jp)の「お知らせ」欄にて告知
配布 申込者による送料負担(冊子自体は無料)
準備が整い次第、申込受付順にて発送
仕様 A5版130頁
言語 日本語