"日本語パートナーズ" について

“日本語パートナーズ”とは何ですか?

派遣先の日本語教師や学習者のパートナーとして、日本語学習の支援や協力をする人です。

どのような活動を行うのでしょうか?

派遣先機関の状況にもよりますが、主として以下の活動を行います。

  • 現地日本語教師が行う授業の補助
  • 授業の教材作成等の補助
  • 授業や課外活動における生徒との交流(日本語での会話、文化活動への協力等)
  • その他、要望に応じて、地域における日本語学習支援、日本文化紹介を通じた交流活動等

このほか、上記の活動に付随した作業全般(例えば授業準備や教材作成補助としてインターネットや図書館などで資料を探すこと等)や、派遣先機関の要望に応じて日本関連のイベントの準備、参加等、積極的に協力していただきます。

どのような人を募集していますか?

“日本語パートナーズ”は、現地日本語教師・学習者のパートナーとなることが求められます。そのため、指導的な立場ではなく派遣先の方々と一緒に協力しながら活動を行うことができること、そして、言葉、宗教、習慣、文化の違いによる困難があった場合も、明るく謙虚な姿勢で問題解決に取り組める力が必要となります。その上で、アジアの人たちとの交流、コミュニケーションに情熱を持って活動できる人を求めています。

国際交流基金の日本語専門家との違いは何ですか?

国際交流基金の日本語専門家は、各国教育省、国際交流基金海外拠点、世界各国の大学等の中核的日本語教育機関に対して派遣されます。日本語上級専門家、日本語専門家、日本語指導助手といった種別がありますが、総称として「日本語専門家等」と呼ばれます。

日本語専門家等は、現地教師の育成、教師間ネットワークの支援、カリキュラム・教材作成に対する助言、実際の日本語教授等を通じて、各国における日本語教育の定着と自立化の促進を目指しています。日本語教育に携わった経験、実績とあわせて、専門知識も必要となります。

これに対して“日本語パートナーズ”は、現地日本語教師の教育活動に協力をするとともに、教室内外で学習者の日本語での会話のパートナー役を務めたり日本文化紹介を展開したりすることで、日本語と日本文化の魅力を伝える役割を担います。