派遣中の活動、生活について

派遣先での安全管理はどのようになっていますか?

派遣前研修では安全管理についての講習があります。これに加えて、赴任後に各派遣先の国際交流基金海外拠点等においても派遣先の安全管理等に関する情報提供を行います。
任地によって異なりますが、一般的に日本よりも安全管理への高い意識が必要となります。なお、現地の治安状況が悪化した場合は、派遣を見合わせる、または一時退避させるなどの措置を講じる場合があります。

派遣期間中に日本に一時帰国することはできますか?

病気、忌引、退避などやむを得ない場合を除き、原則として認めません。
進学や就職活動を目的とした一時帰国も認められませんのでご留意ください。

派遣期間を短縮もしくは延長することはできますか?

できません。
決められた日程で出発・帰国していただきます。

派遣期間中に、他の国に行くことはできますか?

派遣期間中に他の国に行くことはできません。

派遣先での国際交流基金のサポート体制はどのようになっていますか?

国際交流基金本部、海外拠点のスタッフ、日本大使館・領事館等が連携を取り、各地に派遣されている“日本語パートナーズ”が任地での活動を円滑に進められるように支援しています。

活動に必要な教材はどうしたらよいでしょうか?

活動上必要と認める教材や機材は国際交流基金が用意し、現物支給もしくは貸与します。

現地の通信事情はどのようになっていますか?

ほとんどの地域で携帯電話が利用できます。また、インターネット利用については、地域によってWi-Fiが利用できるところとできないところがあります。

携帯電話やパソコンは支給されますか?

携帯電話は、活動のため、また緊急時の国際交流基金海外拠点等との連絡手段として貸与します。
パソコンの支給はありませんが、国際交流基金海外拠点等からの諸連絡や提出書類の作成、また派遣先機関において使用する機会がありますので、ご自身でご準備いただきます。

活動時間や休日などはどのようになっていますか?

派遣先機関の授業時間が、“日本語パートナーズ”の活動時間になりますが、このほか課外活動(放課後)への協力も想定されます。日本語の授業の時間割等、詳細は派遣先機関によって異なりますので、着任後に改めて派遣先機関で確認してください。休日は、派遣先機関が定める休日・祝日にしたがっていただきます。
なお、場合によっては休日に日本祭りなどのイベントが開催されることも予想されますが、“日本語パートナーズ”として積極的に参加してください。

現地で車やバイクの運転をしてもよいでしょうか?

安全管理上、認められません。