最新情報はこちら

バリの『お祭り』

バリ州・バドゥン県派遣の菅野沙那子です。突然ですが、バリと聞いてみなさんは何を思い浮かべますか?綺麗なビーチ、世界遺産の寺院、リゾートホテル等を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回私が紹介するのは、観光ではなかなか知ることのできないバリの魅力的な文化についてです。

バリ人の多くはヒンズー教徒で、州内の至る所にヒンズー教の寺があります。バリヒンズー教にはたくさんの神様が存在しており、神様に祈りをささげるための特別な日(以下、『お祭り』と表記)がいくつもあります。以下に、私が経験したお祭りを3つ紹介します。

バリのお祭りで代表的ともいえるのが「オダラン」です。家の敷地内に小さなお寺がある家庭が多く、オダランは寺の創立祭にあたります。家でお祭りが行われる日は、生徒も先生も学校を休みます。お祭りが何よりも優先されるのがこちらの人の常識です。

先日、派遣校の校長先生の家のオダランに参加させていただきました。バリのお祭りは、親戚や同僚、友人など多くの人を家に招きます。しばしおしゃべりを楽しんだ後、インドネシアの伝統音楽であるガムランの演奏を聴きました。その後、大勢で昼食のテーブルを囲み、楽しいひと時を過ごすことができました。


こちらが受付です。女性たちはお祭りの時、クバヤというカラフルな伝統衣装を着ます。

ガムランの演奏隊です。こちらの女性たちは統一してオレンジのクバヤを着ています。

次に、満月と新月の日のお祈りについてです。バリのカレンダーには必ず、満月と新月の日にちが表示されてあり、満月と新月の日は学校全体でお祈りをする決まりがあります。この日は生徒も先生も伝統衣装を着ます。


満月と新月の日は制服を着ず、伝統衣装のまま授業をします。女性は白か黄色のクバヤを着ます。

さらに、学問の神様Dewi Saraswatiをたたえる「サラスワティの日」という祭日も経験することができました。この日は勉強してはいけない、本を読んではいけない等の掟があります。学校では授業が行われず、朝からお祈りが行われました。


貴重な瞬間を撮らせていただきました。

こちらはお祈りの時に使うお供え物です。クラスで1つ、この日のために作りました。

サラスワティの日には、生徒によるバリダンスが披露されました。

以上のように、バリに滞在しているとたくさんの『お祭り』に参加させてもらうことができます。これも“日本語パートナーズ”ならではの経験です。

Writer
インドネシア バリ州
菅野 沙那子さん

インドネシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP