最新情報はこちら

はじめまして、わたしは……

「わたしのなまえは、こすげりおです。3がつまで、よろしくおねがいします。」

インドネシア中部ジャワ州スマラン市にある国立高校、SMAN5 Semarangにて日本語パートナーズ活動を始めて1週間が経ちます。今週は、初めて参加するクラスがほとんどだったので、自己紹介を行いました。教室に入った時、日本人が来た!というような歓声が上がるのがとても嬉しかったです。自己紹介は、自作のパワーポイントを使用し、CP(カウンターパートの先生)とともに進めていきます。

日本語パートナーズ インドネシア 中部ジャワ州 派遣先校での生徒の様子
教室の様子。生徒たちはいつも元気です

基本的には私の言葉をCPがインドネシア語で生徒に伝えますが、自己紹介とは言っても授業です。
「5にんかぞくです」
「26さいです」
「しごとは~です」
「たんじょうびは~です」
と、私が言ったキーワードや数字などをCPが生徒に確認したり、それに関連した内容の復習を交えながら進んでいきます。最後は私への質問タイム。
「インドネシアはどうですか?」
「スマランはどうですか?」
「インドネシア料理は食べましたか?」
「どこに住んでいますか?」
「どうやって学校にきますか?」
など、様々な質問を受け、クラスによっては自己紹介の時間より長くなってしまうことも。
 どのクラスも授業に対して積極的だったので、CPにそのことを伝えたところ日本語が好きな学生は多いようです。実際に学校を歩いている時に私を見つけた生徒たちが「りおせんせい~」「おはようございまーす」と声をかけてくれました。

日本語パートナーズ インドネシア 中部ジャワ州 派遣先高校にてみんなでコマ作り
自己紹介の後、コマをみんなで作りました。出来上がったコマで記念写真。生徒たちはみんな写真が好きです。

私が日本語パートナーズとして派遣されたことで、生徒たちの日本語力が上がるかどうかというよりも、生徒たちが学校を卒業し大人になった時、日本文化や日本語について少しでも興味を持ち続けてくれることが大切だと思います。そういえば高校の時に日本人が学校にいたな、こんなこと言ってたな、こんなことやったなと、記憶の片隅にそっと置いてもらえるような存在になれるよう、これからの7ヶ月自分らしく活動したいです。

日本語パートナーズ インドネシア 中部ジャワ州 派遣先校での金曜の朝の教員対象のエアロビクスの時間
金曜日の朝、教員を対象にエアロビクスの時間があります。その前にみんなで。先生たちも写真が大好きです。
Writer
インドネシア 中部ジャワ州
小菅 莉緒さん

インドネシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP