最新情報はこちら

この町でたったふたりの日本人

ジャワ島中部に位置する、スマラン県ウンガランに派遣されています。“日本語パートナーズ”としてインドネシアに来てから、私は右手で何回握手をしたことでしょうか。

インドネシア ジャワ島中部のスマラン県ウンガランで握手をする様子

日本でも、初対面の時などに握手を交わすことはあります。でも、ここでは日常の光景です。高校では朝の登校時や昼は廊下でのすれ違いざま、下校前の別れ際に先生と生徒、先生同士で握手する姿があちらこちらで見られます。にこやかに声をかけ合って互いの健康を確かめたり、相手への敬意を示したり、そっと手を握る習慣が素敵だなと思える毎日です。

“日本語パートナーズ”の派遣先であるインドネシアのジャワ島中部のスマラン県ウンガランのウンガラン第1国立高等学校

国道沿いにあるクリーム色の校舎が美しい、ウンガラン第1国立高等学校。全校生徒数は3学年合わせて1200人で、そのうちの250人ほどが、週2回の日本語の授業を履修しています。「ゆきせんせい!」と笑顔で握手してくれる生徒も増えてきて嬉しいですが、この高校に“日本語パートナーズ”が着任するのは初めて。差し伸べるその手からは、ドキドキした気持ちが伝わってきます。
彼らをさらにドキドキ、ワクワクさせているのは、もうひとりの日本人の存在でしょう。留学生の村上亜瑠さんです。

“日本語パートナーズ”の派遣先であるインドネシアのジャワ島中部のスマラン県ウンガランのウンガラン第1国立高等学校の日本人留学生

彼女は家族の勧めと自らの決断で、10か月間の留学先にインドネシアを選んだ高校2年生。奇しくも私と同じく8月から、ウンガランで暮らしています。

“日本語パートナーズ”の派遣先であるインドネシアのジャワ島中部のスマラン県ウンガランのウンガラン第1国立高等学校の日本人留学生がクラスメイトとコミュニケーションする様子
亜瑠さんは得意の英語でコミュニケーションをとり、クラスメイトともすっかり打ち解けています。

学校では、イスラム教のお祈りや先生方の都合で授業が始まらなかったり、休日は近隣の町の渋滞で予定が大きくずれたりして、しばしば戸惑うことも。「日本との違いに驚かされることも多いけれど、インドネシアに来てよかった。」ひと月の間で感じたことは、彼女も私も変わりありませんでした。

“日本語パートナーズ”の派遣先であるインドネシアのジャワ島中部のスマラン県ウンガランのウンガラン第1国立高等学校の日本人留学生との写真
旅行先でのツーショットに、SNS上では「似ているね」と反応がありました。

「日本の高校生活について教えてあげたい。」「色鮮やかなふりかけを使って、みんなでおにぎりを作りたい。」現役高校生とティーチングアシスタント。この町でたったふたりの日本人で力を合わせ、今度は私たちが生徒をあっと驚く笑顔にしようと思っています。

Writer
インドネシア 中部ジャワ州
氏家 由希子さん

インドネシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP