最新情報はこちら

日本語キャンプでの茶道

先日の日本語キャンプ(8月19日、20日 於:ワットラチャオロット学校)のなかで、お茶をたてました。
御覧のとおり、即席で茣蓙を敷いて、お釜もなく大きなポットからのお湯でのお茶でしたが、棗から抹茶を茶杓で茶碗に入れ、茶筌でたてる様子は大変興味深かったようです。

「アロイ、アロイ(美味しい)」と言ってくれる生徒達でした。が、たまに「苦い」とかまずそうな顔をする生徒もいました。本当は美味しいとかまずいよりも、雰囲気とか落ち着きとか、静かな心を知ってもらいたかったのですが、それは無理というものですね(笑)。 
でも、生徒達も先生達も皆が興味をもってくれたので、これが将来何らかの形で日本好きの一因になってくれたらいいなと思っています。

タイのバンコクのワットラチャオロット学校で開催した日本語キャンプで茶をたてる“日本語パートナーズ”
茶筌でお茶をたてています(立てているのが私、お客様役は同期の片山さん)
タイのバンコクのワットラチャオロット学校のカウンターパートの先生と生徒たち
私の学校のCP(カウンターパート)の先生(中央)と生徒達です
Writer
タイ バンコク
國松 佳弘さん

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP