最新情報はこちら

インドネシアのトイレ事情

日本に来た多くのインドネシア人が困ることは何だと思いますか?
答えは……トイレです! キレイなトイレを誇る日本人としては「そんなバカな!」と思うかも知れませんが、これは事実です。というのも、インドネシア人は、用を足した後に、トイレットペーパーを使わず、水でお尻を洗い流します。だから、トイレットペーパーで拭くだけだと、なんか汚い気がして仕方ないのだそうです。日本人としては、お尻が濡れたままパンツ履くの?! と言いたくなりますが、インドネシア人としては、それよりお尻を洗わせて欲しい! ということらしいです。

上の写真は、インドネシアの一般的なトイレです。日本と反対で、壁に背中を向けてしゃがみます。左側の赤い大きな桶に水が溜めてあります。終わったら右手で手桶を持ち、大きな桶から水を汲み、左手を使って洗い流します。便器の中も、手桶の水で流します。最後に自分の手も桶の水で洗います。インドネシアのトイレは、トイレットペーパーを流すと詰まるので、流してはいけません。でも、現地の人はトイレットペーパーを使わないので、流せるようにする必要がないのです。

この写真のように洋式のトイレも最近は増えてきました。でも、日本と違うのは、トイレの横にシャワーのようなものが付いています。これを先ほどの写真でいう手桶の代わりにして、お尻を洗い流します。
インドネシアの家庭にはお風呂はなく、トイレの横で水浴びをします。ですから、水浴びの後に床をきれいに水で流すのと同じように、トイレを済ませただけでも、床まで水で流す場合もあります。こちらに来たばかりの頃は水浸しのトイレが多いことに戸惑いましたが、こうやってトイレをきれいに保っていたんだと知って、ようやく納得できました。
人間が生きていく上で欠かすことのできないトイレ。単に「日本がいちばんキレイ」ではなく、その国の人の生活に合った様式になっているんですね。

Writer
インドネシア 中部ジャワ州
小宮山 令子さん

この人の書いた他の記事

インドネシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP