最新情報はこちら

『である』ことと『する』こと

これは今から半世紀以上前に書かれた、思想史家丸山真男氏の有名な評論のタイトルです。江戸時代から昭和に至る、日本人の価値観における大きなパラダイムの変換を指摘した、画期的な文章です。その指摘は21世紀の今も、なお色あせることなく、日本人の心の本質をとらえており、いまだに多くの高校の現代文の教科書に載っています。

その内容を大まかに説明します。
人間の価値には、「である」価値と、「する」価値の二つの価値があります。「である」価値の一番分かりやすい例は、「王様である」という価値です。

日本語パートナーズ タイ ブリラム 2016年逝去されたタイ前国王の写真を担いだパレード
その王様が何を「する」かが問題なのではなく、王家の跡取り「である」ということに価値があるのです。つまり、何もしなくても存在そのものに価値が認められています。しかしもちろん、良いことを「する」王様の方が、よい王様だと評価されることは間違いありません。

一方の「する」価値とは、例えば、社長「である」ことに安住して何も「しない」でいると、いつかは社長の座を追われかねない、ということです。既成の権威はあらゆる角度から検証され、無為は無能とみなされます。そして丸山氏は、江戸時代の身分制度(まさに「である」価値観)が崩壊し、近代西欧を模倣した能力主義(「する」価値観)が浸透してゆくにつれて、明治から昭和にかけての日本には、本来「である」価値観が尊重されるべき領域に、猛烈な勢いで「する」価値観が蔓延して、恐るべき「価値倒錯」が起こったと指摘しました。丸山さんは、この倒錯を再転倒する必要性を説いたのです。

日本語パートナーズ タイ ブリラム ワンワーイクルー(教師を敬う日)の式典に参加する生徒たち
タイの学校にはワンワーイクルー(教師を敬う日)というイベントがあります。今回、日本語パートナーズの一員として、タイの学校のありようをつぶさに見るにつけ、タイの学校の先生は尊敬されているなぁと感じました。日本なら、「先生のくせに授業に遅れて来るのはけしからん」「先生のくせに、昼休みでもないのに、カップ麺をすすってる」などと言われます。しかしタイならば、「先生なのだから授業に遅れてもかまわない」し「先生なのだから校内の式典の最中にお菓子を食べるのは当然」となります。
日本語パートナーズ タイ ブリラム タイの先生方の正装姿 軍服のようなデザイン
タイの学校の先生方の正装です。日本人の目から見ると、軍服のように感じる人もあるかもしれません。日本では戦前への反動から、教師の権威化を否定するのとは対照的です。
日本語パートナーズ タイ ブリラム 毎朝の朝礼では先生も生徒も並んで祈りを捧げます
毎朝の朝礼では、先生方も生徒たちも、並んでお祈りを捧げます。

行き過ぎた「する」価値偏重こそが、実は近現代の日本の成長・発展の源であるのかもしれません。しかし、日本とタイは似たように「天皇陛下」と「国王陛下」を、戴く国どうしです。だからもう一度日本人も、タイの人たちの王室や仏教に対するような気持ち、もっと何かを「うやまう」態度を、取り戻す必要があるのではないか、と思いました。

日本語パートナーズ タイ ブリラム放課後に全校生徒が揃ってお寺に参詣する姿
タイの学校では、放課後に全校生徒がお寺にお参りする日があります。終わりごろに『タンブン』という寄進(このときはお金)の鉢が回ってきますが、コインではなくお札を入れる生徒も多いです。私ですか? 私はコインですが……。
Writer
タイ ブリラム
上竹 明夫さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP