最新情報はこちら

何でも食べよう!!~北スラウェシ グルメ図鑑~

こんにちは。インドネシア、マナド派遣の窪田です。 みなさんは「マナド」と聞いて、インドネシアのどこにあるかわかりますか。「?」と思った方は地図を見ましょう。スラウェシ島の北端。日本から一番近いインドネシアです。 マナドに暮らし始めて半年。日々思うことは、食事が美味しい! インドネシア料理と聞いて、ナシゴレン、ミーゴレン、サテなどが思い浮かぶかもしれませんが、マナドグルメはそれだけではありません。今日はそんな北スラウェシ、マナドの奥深い食の世界をご紹介します。

まずは、マナドのアイコンともいうべき「ティヌトゥアン(ブブールマナド)」です。かぼちゃベースのお粥ですが、様々な野菜や香草が混ざり合って奥深い味がします。辛い料理が多いマナド料理の中でホッとする一品。ニケという小魚のかき揚げと一緒に食べるのがお気に入りです。

日本語パートナーズ インドネシア 北スラウェシ州 グルメ ティヌトゥアン ブブールマナド
ティヌトゥアン。かぼちゃ、キャッサバ芋、空心菜など野菜がいっぱい入って健康的。奥に見えるのがニケのかき揚げ。ちなみに、ティヌトゥアン専門店が立ち並ぶワケケ通りが有名です。

次に外せないのがシーフード。半島東側にあるビトゥンは戦前、日本人が持ち込んだカツオ業が盛んな街。良質な魚が豊富なため、カツオやツナが手ごろな値段で気軽に食べられます。

日本語パートナーズ インドネシア 北スラウェシ州 グルメ マグロの胸肉のステーキ
マグロの胸肉のステーキ。肉厚でジューシー。
日本語パートナーズ インドネシア 北スラウェシ州 グルメ マグロの顎肉のステーキ
マグロの顎肉のステーキ。貴重部位のため、日本ではなかなか口にすることがないけれど、こちらでは手軽に食べられるのがうれしいの一言。ボリュームも満点。
日本語パートナーズ インドネシア 北スラウェシ州 グルメ ウォクブランガ
ウォクブランガ。唐辛子や様々な香辛料とシーフードを煮込んだ料理。スパイシーでご飯に合う一品。マナド語でウォク=蒸す、ブランガ=鍋、フライパンです。
日本語パートナーズ インドネシア 北スラウェシ州 グルメ ナシクニン
ナシクニン。インドネシアで有名なターメリックとココナッツミルクで炊いたご飯ですが、マナドのものはチャカラン(カツオ)の出汁で炊いて、チャカランフレークがかかっています。毎日、ランチでお世話になってます。
日本語パートナーズ インドネシア 北スラウェシ州 グルメ ミーチャカラン
ミーチャカラン
チャカラン(カツオ)の出汁が効いた汁麺。トッピングのチャカランフレークと相乗効果で、日本人にはホッとする味。

北スラウェシは海だけではありません。ミナハサ高原では新鮮な野菜も豊富です。そのため、野菜もしっかり食べます。

日本語パートナーズ インドネシア 北スラウェシ州 グルメ ブンガパパヤ
ブンガパパヤ。パパイヤのつぼみの炒め物。ツナや他の野菜が加わることもあります。苦みが特徴的です。

そして、ミナハサ文化の中心地トモホンにある伝統市場(パサールトモホン)に行ってみましょう。四足はテーブル以外何でも食べるミナハサ人のパワフルな胃袋に触れることができます。キリスト教徒が多数のマナドでは豚肉料理もたくさんあります。そして、ご希望ならば、犬、ヘビ、こうもりなども食べられますよ。

日本語パートナーズ インドネシア 北スラウェシ州 パサール 市場
市場にはマナド料理には欠かせないダブダブ(唐辛子、分葱、トマトなどを切ったり潰したりして、ライムを加えたソース)の材料も山の様にあります。
日本語パートナーズ インドネシア 北スラウェシ州 パサール 市場
市場の一角では、魚や鶏肉が焼かれていて、その場で食べることもできます。
日本語パートナーズ インドネシア 北スラウェシ州 グルメ 豚の丸焼き
北スラウェシのお祝い事には欠かせない豚の丸焼き。こちらはサンクスギビングの時のもの。「2日がかりで作ったのよ~」とイブ(お母さん)渾身の一品。
日本語パートナーズ インドネシア 北スラウェシ州 グルメ ミーバタフナ 豚肉そば 肉そば
ミーバタフナ。サンギヘ島の名物、豚肉そば。揚げ豚クルップがカリカリして美味。CP(カウンターパート)の先生の故郷の味。
日本語パートナーズ インドネシア 北スラウェシ州 ビアポンバッ 肉まん グルメ
ビアポンバッ。肉まんです。中身の豚肉は日本の物よりちょっと甘め。写真は学校の帰りにCPの先生とカフェで一息したとき。

以上、ざっと紹介しましたが、まだ書ききれない程の美味しいものがあります。とにかく何でも食べてみようとトライするのも任務の1つと、今日も美味しいご飯を食べています。

Writer
インドネシア 北スラウェシ州
窪田 しおりさん

インドネシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP