ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

DANCE DANCE ASIA-Crossing the Movements 東京公演 2019/響きあうアジア2019

日本

東南アジアと日本をストリートダンスでつなぐ共同作品

国際交流基金アジアセンターと株式会社パルコは、2019年7月12日(金曜日)~14日(日曜日)の3日間、日本と東南アジアを代表するストリートダンサーの共演「DANCE DANCE ASIA-Crossing the Movements 東京公演 2019」を開催します。

DANCE DANCE ASIAは、舞台芸術の「新しい表現手法」としてここ数年来、高い関心が寄せられているストリートダンスを軸としたパフォーミングアーツ作品を制作するプロジェクトです。アジア域内のダンサー、クリエイターの交流を促進し、新たな文化の創造を目指して2014年にスタートしました。
今年は、「響きあうアジア2019」の主要プログラムの一つとして、ベトナムから3T(スリー・ティー)、タイからNikii(ニッキー)、日本からはKITE(カイト)とFISHBOY(フィッシュボーイ)のユニットCrazy Rollers(クレイジーローラーズ)、GANMI(ガンミ)、kEnkEn(ケンケン)を演出・振付家として起用し、多国籍で構成される気鋭のダンサーたちと共に、多彩な表現力と卓越したテクニック、音楽が融合された作品を披露します。3T演出作品には世界タイトルを持つ日本のBboy、KATSUYA(カツヤ)が、Nikii演出作品には振付演出家でコンドルズのメンバーでもあるスズキ拓朗が振付・演出補佐として参画します。

アジアの演出・振付家、ダンサー、クリエイターたちが共に創り上げたパフォーマンスを披露する今回の東京公演で、ストリートダンスの魅力や更なる可能性を感じていただけることを期待しています。

↓クリックして全体をみる [PDF:1.5MB]

DANCE DANCE ASIA2019/響きあうアジアのチラシ

プログラム詳細

【6週間のクリエーションによる共同制作2作品】

『What if...Just dance それでも僕はダンスを続けていく』
振付・演出:3T(ベトナム)
振付・演出補佐:KATSUYA(日本)
音楽:SNG(日本)
出演:CANCEL(ベトナム)、Cheno(タイ)、C-Lil(ラオス)、GEN ROC(日本)、Sakyo(日本)

『Inception―夢のまた夢のまた夢のまた夢…』
振付・演出:Nikii(タイ)
振付・演出補佐:スズキ拓朗(日本)
出演:GAMEZ(タイ)、KEIN(日本)、MC Buck(ベトナム)、Topiek SmallBlack(ラオス)、VI VIEN(マレーシア)、Wadafu*k(タイ)ヒューマンビートボックス

【日本とアジアのスペシャルユニット3作品】

『Non-fiction』
振付・演出:Crazy Rollers(日本)
出演: KITE(日本)、FISHBOY(日本)、Marzipan(シンガポール)、MTpop(ベトナム)、HIRONA(日本)ヒューマンビートボックス、Kru Add The Salor(タイ)マルチ・フルート、雅勝 (日本)津軽三味線

『GANMI GAKUEN』
振付・演出:GANMI(日本)
出演: GANMI(日本)総勢17名、Les Paul Sañez-MVMEANT(フィリピン)、Melrein Viado - MVMEANT(フィリピン)、Kyle Collantes-MVMEANT(フィリピン)

『free-style』
振付・演出:kEnkEn(日本)
出演: kEnkEn(日本)、Liang(シンガポール)、JUMPEI(日本)、RenZ(フィリピン)、Te Double Dy(マレーシア)

DDA DANCE CARAVAN FREE WORKSHOP

「DANCE DANCE ASIA–Crossing the Movements 東京公演2019」開催に先駆け、過去にDDAに参加したダンサーや、今回初めて参加するダンサーたちによるコラボレーションワークショップを開催します。
参加無料、詳細はプロジェクト公式FacebookTwitterInstagramをご覧ください。

イベント詳細

日時 2019年7月12日(金曜日)から7月14日(日曜日)

7月12日(金曜日)
19時:(1)Crazy Rollers、(2)3T、(3)Nikii
公演時間:130分(休憩含む)

7月13日(土曜日)
13時:(1)GANMI、(2)kEnkEn、(3)3T
After Talk:kEnkEn & LesPaul
公演時間:115分(休憩含む)
18時:(1)Crazy Rollers、(2)kEnkEn、(3) Nikii
After Talk:Nikii & FISHBOY
公演時間:115分(休憩含む)

7月14日(日曜日)
13時:(1)GANMI、(2)Nikii、(3)3T
After Talk:3T & KATSUYA
公演時間:115分(休憩含む)

※開場は開演の30分前、各回3作品を上演します。

会場

東京芸術劇場シアターウエスト(地下1階) アクセス
東京都豊島区西池袋1-8-1 Googlemap
(JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。駅地下通路2b出口と直結)

料金 全席指定・税込
一般:3,500円
学生:2,500円(大学院生・大学生・専門学校生・中高生の方対象。当日入場時に学生証をご提示ください)
障がい者手帳割引:2,000円(当日入場時に障がい者手帳をご提示ください)

※ご同伴のお子さま割引販売(子ども券2,000円/3歳以上小学生まで)
※年齢制限:7月12日(金曜日)は3歳未満入場不可
7月13日(土曜日)・14日(日曜日)計3公演は3歳未満入場可(膝上鑑賞無料、座席が必要な場合は有料)
※一般料金のチケットで子どもの方が入場されても差額の返金はできません。
※子ども料金のチケットで一般の方がご入場される際には、公演当日に受付で差額の支払をお願い致します。
※営利目的の転売禁止。
※車椅子でご来場予定のお客様は、ご購入席番号を公演前日までにサンライズプロモーション東京宛にご連絡ください。
※グループ観劇(8名以上)をご希望の場合は、サンライズプロモーション東京宛にご連絡ください。

チケット発売日 2019年5月19日(日曜日)10時
チケット取扱い

PARCO STAGE スマホアプリ「パルステ!」

チケットぴあ(Pコード:493-950)
0570-02-9999
http://w.pia.jp/t/dda2019/ (パソコン・携帯)
セブン-イレブン、チケットぴあ店舗

ローソンチケット(Lコード:33285)
0570-084-003
0570-000-407(オペレーター対応/10時から20時)
https://l-tike.com/dda2019/(パソコン・携帯)
ローソン、ミニストップ店内Loppi

e+(イープラス)
https://eplus.jp/dda2019/(パソコン・携帯)
ファミリーマート店内Famiポート

東京芸術劇場ボックスオフィス
0570-010-296(10時から19時 ※休館日除く)
※窓口販売あり
http://www.geigeki.jp/t/

※0570で始まる電話番号は、一部の携帯電話・PHSからはご利用になれません。
※音声自動応答での受付番号はダイヤル回線からのご利用はできません。プッシュ回線またはトーン信号の出る電話機からおかけください。

問合せ 【チケットに関して】
サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10時から18時)

【公演に関して】
パルコステージ 03-3477-5858
(月曜日から土曜日:11時から19時、日曜日・祝日:11時から15時)

主催・企画 国際交流基金アジアセンター、株式会社パルコ
共催 東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

アフタートーク詳細

7月13日(土曜日)昼公演
kEnkEn (『free-style』 振付・演出)& Les Paul(『GANMI GAKUEN』出演)

7月13日(土曜日)夜公演
Nikii (『Inception』振付・演出)& Crazy Rollers(FISHBOY (『Non-fiction』振付・演出))

7月14日(日曜日)昼公演
3T(振付・演出)& KATSUYA(振付・演出補佐)
『What if...Just dance それでも僕はダンスを続けていく』

DANCE DANCE ASIA-Crossing the Movements公式サイト

DANCE-DANCE-ASIA-バナー

「響きあうアジア2019」とは

国際交流基金アジアセンターは、活動5年目の結晶として、日本と東南アジアの文化交流事業を幅広く紹介する祭典、「響きあうアジア2019」を開催いたします。国を超え共に創り上げた舞台芸術、映画から、東南アジア選手による混成サッカーチーム「ASIAN ELEVEN」と日本チームとの国際親善試合、“日本語パートナーズ”のシンポジウムまで、お互いの文化が刺激しあって生まれた珠玉のイベントの数々を楽しめる機会です。この祭典は、国際交流基金アジアセンターがこれまで5年にわたり行ってきた相互交流の成果を振り返るとともに、日本と東南アジアとの関係をさらに深めるための起点となることでしょう。
「響きあうアジア2019」は、東南アジアでも展開予定です。

本事業はbeyond2020の認証事業です。