ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

シンポジウム『「三陸国際芸術祭」の歩みと未来』/響きあうアジア2019

日本

Photo:Yuki Ida

「響きあうアジア2019」プログラムの一環で、「三陸国際芸術祭」のこれまでの歩みと今後の展望を議論するシンポジウムを開催します。

「三陸国際芸術祭」は、東日本大震災の被災地、三陸沿岸地域を中心に郷土芸能とアートの力で被災地の復興、活性化することを目的に2014年から開催されている芸術祭です。国際交流基金アジアセンターでは、民俗芸能が同じく盛んな東南アジアより民俗芸能団体を招へいし、「三陸国際芸術祭」と連携しながら三陸地域の方々との文化交流を行ってきました。

シンポジウムの第一部は、「三陸国際芸術祭」をさまざまな映像資料から振り返り、第二部は、同芸術祭が三陸地域にもたらす影響・インパクトについて有識者をパネリストに迎え議論します。基調講演には、初回の2014年より「三陸国際芸術祭」の主会場の一つとなっている大船渡市の戸田市長にご登壇いただきます。

被災地、三陸地域の発展、「三陸国際芸術祭」の未来を国際交流の視点を交えながら、会場にいらっしゃる皆様と考える機会となることを期待します。

詳細は追って更新予定です。

イベント詳細

日程 2019年7月6日(土曜日) 13時30分から18時00分
会場

東京芸術劇場 ギャラリー1 アクセス
東京都豊島区西池袋1-8-1 Googlemap

言語 日本語(本シンポジウムは日本語のみで行われます)
料金 無料
定員 100名
申込 事前申し込み制(一部または二部のみの参加も可能です)
※申込方法は追ってお知らせします。
主催 国際交流基金アジアセンター
共催 東京芸術劇場

プログラム

13時30分から15時30分 第一部「三陸国際芸術祭」の歩み

  • 三陸の郷土芸能ドキュメンタリー『三陸の芸能』上映
  • 『三陸国際芸術祭2014~2019』 上映
  • アジア(芸術祭の参加者)からのビデオレター

15時30分から16時00分 休憩

16時00分から18時00分 第二部 シンポジウム「三陸・国際・芸術祭の未来」

  • 主催者挨拶
    柄 博子 (国際交流基金理事)
    中村 一郎氏(三陸国際芸術推進委員会 委員長/三陸鉄道株式会社 社長)
  • 基調講演
    戸田 公明氏 (大船渡市長)
  • シンポジウム
    モデレーター:吉本 光宏氏(株式会社ニッセイ基礎研究所 研究理事)
    スピーカー:
    赤坂 憲雄氏(学習院大学教授)
    鏡味 治也氏(金沢大学教授)
    加藤 種男氏(クリエイティブ・ディレクター)
  • パネルディスカッション「三陸・国際・芸術祭の未来」

「響きあうアジア2019」とは

国際交流基金アジアセンターは、活動5年目の結晶として、日本と東南アジアの文化交流事業を幅広く紹介する祭典、「響きあうアジア2019」を開催いたします。国を超え共に創り上げた舞台芸術、映画から、東南アジア選手による混成サッカーチーム「ASIAN ELEVEN」と日本チームとの国際親善試合、“日本語パートナーズ”のシンポジウムまで、お互いの文化が刺激しあって生まれた珠玉のイベントの数々を楽しめる機会です。この祭典は、国際交流基金アジアセンターがこれまで5年にわたり行ってきた相互交流の成果を振り返るとともに、日本と東南アジアとの関係をさらに深めるための起点となることでしょう。
「響きあうアジア2019」は、東南アジアでも展開予定です。

本事業はbeyond2020の認証事業です。