ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

アジアにおけるソーシャル・イノベーション~次世代の市民社会ネットワーク構築に向けて~/響きあうアジア2019

日本

「響きあうアジア2019」プログラムの一つとして、アジアにおけるソーシャル・イノベーションと次世代の市民社会ネットワーク構築について考えるシンポジウムを開催します。

基調講演では、アジアにおける様々な社会課題や、その解決に向けたソーシャル・イノベーション、及びそれを取り巻くサポート環境の最新動向を把握します。

パネルセッションでは、ソーシャル・イノベーションにおける様々な動きの中で、多様なアジアにおける社会の実態を反映した動き、日本とアジアのプレーヤーとの新たな共同作業の動きなどに焦点を当て、アジアにおける次世代の市民社会ネットワーク構築について考えます。

詳細情報は追って更新予定です。

イベント詳細

日時 2019年7月5日(金曜日) 18時00分から20時30分
会場

東京芸術劇場 ギャラリー1 アクセス
東京都豊島区西池袋1-8-1 Googlemap

言語 日本語・英語
料金 無料
主催 国際交流基金アジアセンター
共催 東京芸術劇場、Asian Venture Philanthropy Network (AVPN)

プログラム

18時00分から18時05分 主催者挨拶

18時05分から18時40分 基調講演

  • Naina Subberwal Batra氏(Asian Venture Philanthropy Network (AVPN)、Chairperson&CEO)
  • TBC

18時45分から18時55分 休憩

18時55分から19時55分 パネルセッション
スピーカー:

  • 永田宏和氏(NPO法人プラス・アーツ、理事長)
  • デニス・チア氏(株式会社BOUNDLESS、代表取締役)
  • 中村英誉氏(NPO法人Social Compass、代表理事)
  • TBC

19時55分から20時30分 ディスカッション
モデレーター:

  • 伊藤健氏(Asian Venture Philanthropy Network (AVPN)、東アジア統括)

「響きあうアジア2019」とは

国際交流基金アジアセンターは、活動5年目の結晶として、日本と東南アジアの文化交流事業を幅広く紹介する祭典、「響きあうアジア2019」を開催いたします。国を超え共に創り上げた舞台芸術、映画から、東南アジア選手による混成サッカーチーム「ASIAN ELEVEN」と日本チームとの国際親善試合、“日本語パートナーズ”のシンポジウムまで、お互いの文化が刺激しあって生まれた珠玉のイベントの数々を楽しめる機会です。この祭典は、国際交流基金アジアセンターがこれまで5年にわたり行ってきた相互交流の成果を振り返るとともに、日本と東南アジアとの関係をさらに深めるための起点となることでしょう。
「響きあうアジア2019」は、東南アジアでも展開予定です。

本事業はbeyond2020の認証事業です。