ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

「Awakenings: Art in Society in Asia 1990s-1990」シンガポール展

シンガポール

国際交流基金アジアセンター、東京国立近代美術館、韓国国立現代美術館、ナショナル・ギャラリー・シンガポールによる4年に及ぶ共同プロジェクト、「Awakenings: Arts in Society in Asia 1990s-1990」展(日本における展覧会名は「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」展)は、2018年10月から12月まで東京国立近代美術館で開催後、2019年1月から5月まで韓国国立現代美術館に巡回し、現在はシンガポールのナショナル・ギャラリー・シンガポールにて開催中です。

イベント詳細

展覧会名

Awakenings: Art in Society in Asia 1960s-1990s

会期 2019年6月14日(金曜日)から9月15日(日曜日)
会場 ナショナル・ギャラリー・シンガポール(シンガポール)
開館時間

午前10時から午後7時(金曜日は午後9時まで)
(注)祝日等は開館時間が変更となる可能性があります。

休館日:7月27日(土曜日)、28日(日曜日)、8月2日(金曜日)から4日(日曜日)、8月8日(木曜日)から10日(土曜日)

観覧料 20シンガポールドル(シンガポール国民及び永住権取得者は無料)
(注)無料や割引となる日が設定されています(詳細はナショナル・ギャラリー・シンガポール公式ページをご参照ください)。
主催 国際交流基金アジアセンター、ナショナル・ギャラリー・シンガポール、韓国国立現代美術館、東京国立近代美術館
展覧会
詳細情報
ナショナル・ギャラリー・シンガポール公式ページ(英語)