ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

国際研究フォーラム「アジアにおける障害者の芸術活動」(タイ・バンコク)

タイ

国際交流基金アジアセンターは、障害者の文化芸術国際交流実行委員会との共催で、 国際研究フォーラム「アジアにおける障害者の芸術活動」をタイ・バンコクにて実施します。

アジアにおける障害者の芸術活動をテーマに、アジア各国の美術、舞台表現、社会福祉、医療などの分野の実践家が対話する本フォーラムでは、事例報告とディスカッションを通じ、文化芸術における社会福祉的なアプローチの有用性や、文化芸術が私たちの生き方や社会の見え方を変える可能性を秘めたものであるということを、国や文化の違いを超えて学びあうことを目指します。

※本フォーラムは、障害者の文化芸術国際交流実行委員会がバンコク芸術文化センター(BACC、タイ・バンコク市)と共同実施している「2019ジャパン×タイプロジェクト」の一環として開催するものです。

↓クリックして全体をみる [PNG:140KB 145KB]

国際研究フォーラム「アジアにおける障害者の芸術活動」チラシ画像裏
国際研究フォーラム「アジアにおける障害者の芸術活動」チラシ画像表

プログラム

10月18日(金曜日)[1日目]

11時~11時30分 オープニングセレモニー

プレゼンテーション、未解決問題、今後の展望について

11時30分~12時 基調講演
Wachara Riewpaiboon[タイ] (医学博士、理学修士/マヒドン大学ラチャスダ校学部長)

13時~15時 Session 1
障害のある子を持ち、報道機関や障害啓発団体等で活躍する人々が登壇。日本とタイにおける障害者にまつわる課題と、その課題に対する文化芸術を通じた取り組みやソーシャルアクションについて報告し、今後の展望について議論します。

登壇者:
Rosalina Alexander McKay[タイ](The Rainbow Room[A Special Needs Awareness Centre]代表)
野澤 和弘[日本](毎日新聞論説委員)
小島 幸子[日本](全国手をつなぐ育成会連合会 副会長)
Wachara Riewpaiboon[タイ] (医学博士、理学修士/マヒドン大学ラチャスダ校学部長)
モデレーター:
渡邉 芳樹[日本](元駐スウェーデン日本国大使館特命全権大使)

15時10分~17時30分 Session 2
精神科医療やアートセラピーの専門家や心理学者が登壇。実践報告に加え、実践を通じて各自が考える障害の特性と文化芸術、セラピーとしての芸術について議論します。

登壇者:
Chumpon Shinapraphat[タイ](アート・セラピスト、アーティスト)
末安 民生[日本](岩手医科大学看護学部教授、日本精神科看護協会顧問)
Aung Min[ミャンマー](アート・セラピスト、映像作家)
Valerie Jaques[マレーシア](心理学者)

10月19日(土曜日)[2日目]

芸術作品とはなにか?<>創造性、症状、芸術創作

10時30分~12時30分 Session 3
障害者とともに舞台芸術や伝統芸能を創造・継承の実践に取り組む人々が登壇。パフォーミング・アーツの芸術表現に見出される障害者の可能性や強みとは何かを探り、そこから「芸術」について考えます。

登壇者:
北村 成美[日本](ダンサー、振付家)
Dolores F. Cheng[フィリピン](The Center for Possibilities Foundation創設者、常任理事)
高岩 綾子[日本](社会福祉法人いわみ福祉会理事)
Sokny Onn[カンボジア](Epic Artsディレクター)

アール・ブリュット、コンテンポラリーアート、市民のアートの多元性

14時~14時45分 基調講演
保坂 健二朗[日本](東京国立近代美術館主任研究員)

14時45分~16時45分 Session 4
タイ、インドネシア、ラオスそして日本のキュレーターが登壇。各国で実施した展覧会の経験や「アートと障害分野」を繋ぐ活動等から、テーマの1つである「アール・ブリュット、コンテンポラリーアート、市民のアートの多元性」について議論を深めます。

登壇者:
Suebsang Sangwachirapiban[タイ](バンコク芸術文化センターキュレーター)
Sudjud Dartanto[インドネシア] (インドネシア国立美術館キュレーター)
Misouda Heuangsoukkhoun[ラオス](インディペンデント・キュレーター、ソーシャルワーカー)
保坂 健二朗[日本](東京国立近代美術館主任研究員)

※パネリストおよびプログラムは変更される場合があります。
※各登壇者のプロフィールはバンコク芸術文化センター公式サイトにてご確認ください。

イベント詳細

日時 2019年10月18日 11時~17時30分(10時30分開場)
2019年10月19日 10時30分~17時(10時開場)
会場 バンコク芸術文化センター マルチファンクションルーム(1階)
939 Rama I Rd, Wang Mai, Pathum Wan District, Bangkok 10330 Googlemap
言語 タイ語、英語(同時通訳あり)
入場 無料、要事前申込
申込み 氏名および連絡先を明記のうえ、件名を「International Research Forum "Art Activities of Disabled People in Asia"」としてバンコク芸術文化センター(education@bacc.or.th)までお申し込みください。
主催 国際交流基金アジアセンター、障害者の文化芸術国際交流実行委員会
共催 バンコク芸術文化センター、文化庁
問合せ バンコク芸術文化センター

Tel. +66-2-214-6630-8 Email: education@bacc.or.th

本事業はbeyond2020の認証事業です。