ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

第6回 三陸国際芸術祭 『触レル』 秋プログラム

国際交流基金アジアセンターは、2019年10月26日から11月4日と2020年3月1日から3月15日の2回に分けて、三陸沿岸地域、総延長600キロを舞台に「三陸国際芸術祭(サンフェス)」を開催します。今年度は三陸沿岸の約10地域でプログラムを展開し、三陸の郷土芸能と世界を結びつけ、⽂化芸術の魅⼒を活かした創造的な地域づくりと復興を目指します。

6回目を迎える三陸国際芸術祭は、『触レル』ことを新たな発見とはじまりへのキーワードとして開催します。芸能は営みとともにあり、その文化と様式は語り尽くせぬほどの衝突と融合の果てにあります。海と山とまちの往来で人に触れ、新たな営みがはじまります。未知への畏敬と祈りから、神や獣に触れ、その人ならざるものの視点を借り受けながら、芸として形をなしてきました。芸能に触レル。芸能が触レル。そのふたつが過去から未来へと私たちの営みを引き繋いでいきます。

プログラム詳細は三陸国際芸術祭公式サイトをご覧ください。

三陸国際芸術祭2019 ポスター画像

三陸国際芸術祭 秋プログラム開催概要

会期 2019年10月26日(土曜日)~11月4日(月曜日・休日)

※冬プログラムは2020年3月1日(日曜日)~3月15日(日曜日)開催

開催地 八戸市(青森県)、久慈市、岩泉町、山田町、大槌町、大船渡市、陸前高田市(岩手県)の各会場
参加芸能団体
(予定)
  • 郷土芸能団体:約30団体
  • 海外芸能団体:2団体
  • 現代アーティスト:6組
主催 国際交流基金アジアセンター、三陸国際芸術推進委員会
共催 八戸市、階上町、洋野町、久慈市、普代村、田野畑村、岩泉町、宮古市、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市、住田町、(公社)全日本郷土芸能協会、三陸鉄道株式会社、NPO法人いわてアートサポートセンター、NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク
お問合せ 三陸国際芸術祭 事務局
TEL:+81-192-22-9830
E-mail:info@sanfes.com
公式サイト 三陸国際芸術祭

本事業はbeyond2020の認証事業です。