ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

平田オリザ『東京ノート・インターナショナルバージョン』

日本

劇団「青年団」主宰、劇作家・演出家の平田オリザ氏の代表作の1つ『東京ノート』について、このたび、タイ、フィリピンおよび、各国の俳優の参加を得て、『東京ノート』各国翻案版の集大成となる『東京ノート・インターナショナルバージョン』が上演されます。

『東京ノート』は、これまで、14か国語に翻訳され世界各国で上演されてきました。また、『ソウルノート』、『台北ノート』などアジア各国の都市に翻案した作品も発表されており、東南アジア地域では、2017年11月に、日タイ修好130周年記念事業の一環として、国際交流基金バンコク日本文化センターとチュラロンコーン大学文学部演劇学科の共催により、『バンコクノート』が上演されました(計8公演)。この作品は、バンコクシアターフェスティバルにおいて上演されて好評を博し、最優秀作品賞を受賞しました。 一方、フィリピンでは、国際交流基金マニラ日本文化センター、劇団タンハラン・フィリピノ(TP)、フィリピン文化センター(CCP)の共催により、2018年11月~12月に『マニラノート』が上演されました(計12公演)。この作品も好評を博し、11th Gawad Buhay Awardの6部門にノミネートされ、「Outstanding Ensemble Performance for a Play」を受賞しました。

今回の、『東京ノート・インターナショナルバージョン』は、青年団主催(企画制作:青年団/有限会社アゴラ企画・こまばアゴラ劇場)により、これまで国際交流基金が制作・公演を主催した、バンコクノート、マニラノートの両公演の出演俳優の一部に加えて、日本、台湾、韓国、アメリカ、ウズベキスタンの俳優も参加する、インターナショナルバージョンとなります。
国際交流基金アジアセンターは、本公演に対して、タイ・フィリピンから参加する俳優・スタッフや舞台美術製作の一部について協力しています。

公演詳細

『東京ノート・インターナショナルバージョン』
作・演出:平田オリザ

1.第0回豊岡演劇祭における公演

日時 2019年9月6日(金曜日)19時
2019年9月7日(土曜日)13時
2019年9月8日(日曜日)15時
会場

城崎国際アートセンター ホール アクセス
〒669-6101 兵庫県豊岡市城崎町湯島1062 Googlemap

主催 豊岡演劇祭実行委員会
企画制作 青年団/有限会社アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
制作協力 国際交流基金アジアセンター
公演詳細
チケット情報など
第0回豊岡演劇祭公式サイト

2.シアター・オリンピックス2019における公演

日時 2019年9月14日(土曜日)13時30分
2019年9月16日(月曜日)14時
会場

富山県利賀芸術公園 利賀山房 アクセス
〒939-2513 富山県南砺市利賀村上百瀬48 Googlemap

企画 シアター・オリンピックス国際委員会
主催 公益財団法人舞台芸術財団演劇人会議、シアター・オリンピックス2019実行委員会、文化庁、富山県、劇団SCOT
共催 南砺市、黒部市、公益財団法人富山県文化振興財団
制作協力 国際交流基金アジアセンター
公演詳細
チケット情報など
シアター・オリンピックス公式サイト
「バンコクノート」のワンシーン
『バンコクノート』
『マニラノート』パンフレット画像
『マニラノート』

本事業はbeyond2020の認証事業です。