ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは国の枠を超えて、
心と心がふれあう文化交流事業を行い、アジアの豊かな未来を創造します。

MENU

キドラット・タヒミックをめぐる対話

日本

国際交流基金アジアセンターとアジア映画研究会は、特別公開イベント『キドラット・タヒミックをめぐる対話』を開催します。

アジア映画研究会は、アジア映画の研究・批評の推進をめざしているアジア映画専門家の集いで、月例で研究会を実施しています。本年の掉尾を飾る12月は、特別公開イベントとして、アジア・インディペンデント映画の草分けとして知られるキドラット・タヒミック監督(フィリピン)を取り上げました。

タヒミックと長年の親交を持つ清水展氏(京都大学東南アジア研究所教授、文化人類学者)による日本未公開作品の上映を交えた講演に加え、1980年代からタヒミックを論じてきた四方田犬彦氏(映画史家・比較文学研究家、アジア映画研究会会員)と清水氏との対談をおこないました。四方田氏は『映像の招喚―エッセ・シネマトグラフィック』(青土社、1983年)でわが国最初のタヒミック論を発表し、片や清水氏の『草の根グローバリゼーション―世界遺産棚田村の文化実践と生活戦略』(京都大学学術出版会、2013年)には最も新しいタヒミック論が含まれています。「最初」と「最新」の論者による対話です。

開催概要

日時 2014年12月18日(木)18:00~20:30 (開場:17:30~)
会場 国際交流基金2階JFICホール「さくら」

東京都新宿区四谷4-4-1 国際交流基金本部2階

(東京メトロ丸の内線四谷三丁目駅 徒歩5分

主催 国際交流基金アジアセンター、アジア映画研究会
共催 京都大学東南アジア研究所
プログラム 18:00     開会
18:00~19:30 講演:清水展 ※30分程度の上映を含む(作品名は当日発表)
19:30~20:30 対談:清水展×四方田犬彦
(司会:石坂健治/東京国際映画祭『アジアの未来』部門PD,日本映画大学教授)
20:30     閉会
参加費 無料

calture_tahimik_flyer_01
フライヤーはこちら

お問い合わせ
国際交流基金アジアセンター
文化事業チーム アジア映画研究会イベント係
Email: jfac_vdp_info@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)