ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

参加者募集!「...and Action! Asia #05-映画・映像専攻学生交流プログラム-」

国際交流基金アジアセンターは、ジャカルタ芸術大学との共催で、日本と東南アジアの映画・映像分野を専攻する学生を対象とした映画制作・上映ワークショップ「...and Action! Asia #05」を2019年3月に実施いたします。このたび、本プログラムの参加者を企画公募にて募集いたします。

...and Action! Asiaについて

デジタル化による映像制作の裾野が広がり、世界各国で若手制作者が多く輩出されていることを背景に、2015年より、アジアセンターは日本と東南アジアの映画・映像分野を専攻する学生による活発な対話や交流のプラットフォームを構築し、将来的な国際協働の可能性を導き出すことを目的としたワークショッププログラムを実施してきました。5回目となる今年度は、ジャカルタ芸術大学との共催で、約2週間のプログラムにて、多国籍のグループワークによる短編ドキュメンタリーの制作と上映、インドネシアの映画制作者による特別講義を実施いたします。

『...and Action! Asia』2017年度参加者の写真

過去プログラムの様子

2017年度
...and Action! Asia#04 映像専攻の学生たちの交流から生まれた短編映画をウェブ公開

2016年度
日本×東南アジアの映画・映像専攻学生がフィリピンに集結! 共同制作による短編映画を公開

...and Action! Asia #05開催概要

日程 2019年3月1日(金曜日)から3月14日(木曜日)
場所 ジャカルタ芸術大学他
主催 国際交流基金アジアセンター
共催 ジャカルタ芸術大学
後援 全国映画教育協議会
問い合わせ先 国際交流基金アジアセンター 文化事業第1チーム
担当:掛谷(かけや)、滝本(たきもと)
電話:03-5369-6140 FAX:03-5369-6141
E-mail:jfac_film@jpf.go.jp

応募概要

募集人数

映画・映像制作を専攻する学生(大学・専門学校以上):計13名
日本:4名、東南アジア:9名(3名×3校)

大学・専門学校相当の学校機関にて映画制作を教える引率教員:計4名
日本:1名、東南アジア:3名(1名×3校)

プログラム詳細と応募方法については、「...and Action! Asia#05−映画・映像専攻学生交流プログラム− 応募概要(PDF)」をご覧ください。

応募書類

フォームA. エントリーシート(Excel)

フォームB.映画企画書(Word)

応募締切

2018年11月14日(水曜日)午後6時厳守
選考結果の通知:12月中旬、代表者連絡先宛にEメールにて通知いたします。