ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

「ASIAN ELEVEN」対U-18東北選抜 国際親善試合「JapaFunCup」詳細・選抜選手を発表

前列左から日本サッカー協会会長・田嶋幸三氏、ASIAN ELEVENを率いる古賀琢磨監督、国際交流基金理事長・安藤裕康
後列左からLittle Glee Monster、増田セバスチャン氏
撮影:佐藤 基

国際交流基金アジアセンター、公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が2014年より進めている東南アジアとのサッカー交流事業「ASIAN ELEVEN」。
このたび、本交流事業の成果発表の場として、6月22日(土曜日)に開催する、U-18東南アジア選抜チーム「ASIAN ELEVEN」対U-18東北選抜の国際親善試合「JapaFunCup(ジャパファンカップ)」の詳細および東南アジアチームの選抜選手を発表しました。
JapaFunCupは、国際交流基金アジアセンターが実施する日本と東南アジアの文化交流事業を幅広く紹介する祭典「響きあうアジア2019」の一環として開催されます。

JapaFunCupでは、東南アジア11か国から選抜されたU-18選手によるアジアで最も多様なチーム「ASIAN ELEVEN」を結成、東北各県から選抜されるU-18選抜選手と対決します。監督は、ジュビロ磐田、清水エスパルスで活躍した元Jリーグ選手で、現在はミャンマーサッカー連盟マンダレーアカデミー監督の古賀琢磨氏。東南アジア各国でアンダー世代を率いた実績が評価されています。 そして、テーマソング「I BELIEVE」を歌うのは、ボーカルグループとして圧倒的な歌唱力で躍進しているLittle Glee Monster。またユニフォームデザインは、Kawaii文化を始め日本のポップカルチャーを世界に発信している増田セバスチャン氏が手掛けました。
国際交流基金アジアセンターは、サッカーを通じて日本と東南アジアの文化交流を推進していきます。

「ASIAN ELEVEN」ユニフォームデザインの画像
ASIAN-ELEVEN ロゴマーク

増田セバスチャン氏デザインによる「ASIAN ELEVEN」ユニフォーム及びロゴ

ASIAN ELEVEN特設サイト

開催概要

JapaFunCup(ジャパファンカップ)

日時 2019年6月22日(土曜日) 14時キックオフ(予定)
会場

Jヴィレッジ(福島県)
福島県双葉郡楢葉町山田岡美シ森8 Googlemap

テーマソング 「I BELIEVE」 by Little Glee Monster
主催 国際交流基金アジアセンター
共催 公益財団法人日本サッカー協会(JFA)
後援 公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)
問合せ 国際交流基金アジアセンター
E-mail:acinfo@jpf.go.jp

「響きあうアジア2019」とは

国際交流基金アジアセンターは、活動5年目の結晶として、日本と東南アジアの文化交流事業を幅広く紹介する祭典、「響きあうアジア2019」を開催いたします。国を超え共に創り上げた舞台芸術、映画から、東南アジア選手による混成サッカーチーム「ASIAN ELEVEN」と日本チームとの国際親善試合、“日本語パートナーズ”のシンポジウムまで、お互いの文化が刺激しあって生まれた珠玉のイベントの数々を楽しめる機会です。この祭典は、国際交流基金アジアセンターがこれまで5年にわたり行ってきた相互交流の成果を振り返るとともに、日本と東南アジアとの関係をさらに深めるための起点となることでしょう。
「響きあうアジア2019」は、東南アジアでも展開予定です。