ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

参加者募集! ダイバーシティをはぐくむEYESプロジェクト:多文化共生とアート【締切:7月22日(月曜日)】

国際交流基金アジアセンターは、2019年10月に実施するダイバーシティの実現を目指す東南アジアと日本の実務者間の学び合いとネットワーキングのためのプロジェクト「ダイバーシティをはぐくむEYESプロジェクト」の参加者を募集しています。

応募概要

  • 募集人数
    日本、インド、インドネシア、タイ、フィリピン、マレーシア、ミャンマー、カンボジアより13名(予定)
    プログラム詳細と応募方法については、「ダイバーシティをはぐくむEYESプロジェクト:多文化共生とアート 募集要項(PDF)」、「応募書類(Excel)」をご覧ください。
  • 応募締切
    2019年7月22日(月曜日)必着
    選考結果の通知:8月中旬、応募者全員にメールで通知いたします。

皆様のご応募をお待ちしております。

EYESプロジェクトについて
EYESプロジェクトは、アジアにおける多文化共生社会のあり方を考える、全13日間の研修プログラムです。本年度は「多文化共生とアート」をテーマに、フィリピンと日本を研修地とし、アートを用いて文化的差異を包摂し豊かな社会の形成を目指す「多文化共生」を考えます。13日間の研修を通して、アジア域内における実務者間のネットワークを形成し、研修地両国における「人の移動」の実態(フィリピンにおける送り出し国の側面、日本における受入国の側面など)や「多文化共生」推進活動を理解するとともに、アートの手法をコミュニケーションツールとして活用した「ワークショップ」を行うことで「多文化共生」社会を学び、推進します。帰国後、各参加者の活動現場におけるEYESプロジェクトの学びを活かした事業の実施を奨励することで「多文化共生」社会の実現を目指します。

eyesロゴマーク

2017年度のプログラムの様子

開催概要

日程 2019年10月9日(水曜日)から10月21日(月曜日)
場所 [フィリピン] 10月9日(水曜日)~13日(日曜日)
[日本] 10月14日(月曜日・祝日)~21日(月曜日)
※移動日含む
主催 国際交流基金アジアセンター
問い合わせ先 国際交流基金アジアセンター 文化事業第2チーム(担当:工藤)
TEL:03-5369-6025、FAX:03-5369-6141
E-mail:Maki_Kudo@jpf.go.jp