ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

APAF-アジア舞台芸術人材育成部門(東京芸術祭)

日本

APAF-アジア舞台芸術人材育成部門(APAF-Asian Performing Arts Forum)は、2002年に開始された「アジア舞台芸術祭」を前身に、2017年からは東京芸術祭の1部門となった、アジアの若手舞台人のための人材育成プログラムです。舞台芸術の実践を通して相互理解を深めながら作り手としての基盤を培うとともに、ネットワーク構築とアジアにおける舞台芸術の振興に貢献することを目指しています。

2018年からは、10年間プロデューサーを務めた宮城聰氏(演出家、静岡県舞台芸術センター芸術総監督)に代わり、多田淳之介氏(演出家、東京デスロック主宰、富士見市民文化会館キラリふじみ芸術監督)がディレクターに就任しました。

2016年度からは国際交流基金アジアセンターが共催に加わり、特に東南アジアからの多彩な参加者を募ることで、アジア域内での若手演劇人ネットワークの構築と、国際共同制作へのトライアルの場としての役割を一層強化します。

プログラム

国際共同クリエーション

前年度の国際共同制作ワークショップで制作された3つの小作品から選ばれた1作品をフルサイズに発展させて上演します。

国際共同制作ワークショップ  *1

アジアの若手アーティスト混成3チームによる小作品の共同制作と上演をします。そのほか、制作過程を振り返るプレゼンテーションへの登壇、公演鑑賞やレクチャー聴講など、2017年度は演出家3名(インドネシア、台湾、日本)と出演者8か国13名(インドネシア、シンガポール、タイ、台湾、日本、フィリピン、ベトナム、ミャンマー)が参加しました。

APAFアートキャンプ  *1

日本国内・アジアを拠点に舞台芸術のジャンルで活躍する参加者たちが、東京芸術祭の開催期間に東京に滞在して、観劇、レクチャー、フィールドワークなどのインプットと、スピーチ、ディスカッションによるアウトプットをおこないます。最終日にはプレゼンテーションを一般公開。未来の舞台芸術界に寄与する幅広いセクションの人材、活動を育成するプログラムです。

*1 国際交流基金アジアセンター共催プログラム(2018年度)


APAF 公式ウェブサイト http://butai.asia/ja/

主催:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)/豊島区 *2
共催:国際交流基金アジアセンター
助成:平成30年度 文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業(豊島区国際アート・カルチャー都市推進事業)*2

*2 APAFワークショップ、アートキャンプに対して


【APAF2017 国際共同制作ワークショップ】

APAF2017 国際共同制作ワークショップ、『Beautiful Trauma』 APAF2017
『Beautiful Trauma』 APAF2017
APAF2017 国際共同制作ワークショップ、『happy mania ACT1』 APAF2017
『happy mania ACT1』 APAF2017
APAF2017 国際共同制作ワークショップ、『ごきげんよう』 APAF2017
『ごきげんよう』 APAF2017