ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

フェスティバル/トーキョー Festival/Tokyo

日本

フェスティバル/トーキョー(F/T)は、東京で開催される国際的な舞台芸術フェスティバルとして、舞台芸術の魅力を多角的に提示し、国境、世代、ジャンルを越えて多様な価値が出合い、互いに刺激しあうことで、あらたな可能性を拓くことを目指しています。

アジアセンター共催プログラム

2017年度、2018年度および2019年度の本事業はbeyond2020の認証事業です。

2019年
「トランスフィールド from アジア」

[公演]

  • Sand(a)isles』(サンドアイル)(アートプロジェクト)
    演出・設計:JK・アニコチェ×山川陸
  • ファンラオ・ダンスカンパニー『Bamboo Talk』『PhuYing』(ダンス)
    振付:ウンラー・パーウドム、ヌーナファ・ソイダラ
  • 『To ツー 通』(ツーツーツー) (レクチャーパフォーマンス)
    企画・出演:オクイ・ララ×滝 朝子
  • 『やわらかなあそび』(映像・音楽・パフォーマンス)
    演出・出演:谷口暁彦

[トーク]

  • 「批評から見る<トランスフィールド>」
    ゲスト:小崎哲哉、ナビラ・サイード、椙山由香
  • 「ブルネイのアートシーン」
    ゲスト:リサ・アフマド
  • 「東南アジアから見る<トランスフィールド>の未来」
    ゲスト:ササピン・シリワーニット

2018年
アジアシリーズ vol.5 トランス・フィールド

  • オープニングプログラム『MI(X)G(ミックス)』(ダンス)
    コンセプト・演出:ピチェ・クランチェン
  • ショプノ・ドル『30世紀』(演劇)
    脚色・演出:ジャヒド・リポン 原作:バドル・ショルカル
  • 『ボンプン・イン・トーキョー』(ダンス、音楽など)
    キュレーション:ローモールピッチ・リシー
  • 『フィールド・プノンペン』(美術など)
  • 『境界を越えて~アジアシリーズのこれまでとこれから』(トーク、映像など)

2017年
オープニングプログラム 『Toky Toki Saru(トキトキサル)』

コンセプト・演出:ピチェクランチェン

2016年
アジアシリーズ vol.3 マレーシア特集

[公演編]

  • インスタントカフェ・シアターカンパニー『NADIRAH』
    作:アルフィアン・サアット 演出:ジョー・クカサス
  • 『B.E.D.(Episode 5)』
    構成・演出・振付:リー・レンシン

[レクチャー編]

  • ASWARA-マレーシア国立芸術文化遺産大学『BONDINGS』
    コンセプト:BONDINGSクリエイティブチーム 作:スリ・リウ
    講師・演出:ウォン・オイミン
  • 『POLITIKO』
    講師・コンセプト:ムン・カオ
  • F/Tトーク 多民族国家マレーシアにおけるアートプロジェクト
    登壇者:ファイルズ・スレイマン、ロスリシャム・イスマイル(イセ)

2015年
アジアシリーズ vol.2 ミャンマー特集『ラウンドアバウト・イン・ヤンゴン』

[Aプログラム]

ティーモーナイン(パフォーマンス、インスタレーション、映像作品)
ニャンリンテッ(演劇作品)

[Bプログラム]

ターソー(音楽ライブ)

詳細は「フェスティバル/トーキョー」公式サイトもご参照ください。

フェスティバル/トーキョー 公式サイト