ASIA center | JAPAN FOUNDATION

国際交流基金アジアセンターは、アジアの人々の間に共感や
共生の心を育むため、様々な分野で文化交流事業を実施しています。

MENU

伝統のチカラ、芸能のカタチ

インドネシア, 日本, その他

「伝統のチカラ、芸能のカタチ」は、伝統芸能の宝庫と言われるアジアと日本で、伝統芸能を取り巻く社会状況を関係者が互いに訪問して見聞きし、交流やイベントを通じて互いの国の状況を理解し、その過程で得られた情報や気づきを発信することで、現代人が、アジアに脈々と受け継がれる伝統芸能の価値を再発見すると同時に、現代に適した芸能の形を考察する上での一助となる発信を試みる交流プロジェクトです。

プロジェクト・メンバー

木ノ下 裕一(木ノ下歌舞伎主宰)
園田 喬し(演劇ライター、演劇雑誌BITE編集長)
時松 はるな(画家、イラストレーター)
本郷 麻衣(木ノ下歌舞伎 制作)
遠藤 雄(元国際交流基金アジアセンター勤務)
前田 佳子(国際交流基金)

事業実績

2017年度

インドネシア伝統芸能関係者の日本招へい、トークイベント、ワークショップ等を実施。
2016年のプロジェクトの様子をまとめた冊子を発行。

2016年度

日本側プロジェクト・メンバーがインドネシアを訪問し、伝統芸能関係者と交流。ワークショップ、トークイベント等を実施。