応募について

日本国籍ではありませんが、日本の永住権を持っています。応募は可能でしょうか?

応募できません。応募は日本国籍を有し、かつ外国籍を有しない方に限ります。
なお、国籍留保の届出を出している方や重国籍の方は、応募前に国際交流基金アジアセンターへお問い合わせください。

日本語母語話者とは何ですか?

ここでは、「日本語を幼少期から自然に身につけた方」「日本語のネイティブスピーカー」という意味です。母語が複数ある場合も、その中に日本語を含んでいる方は派遣対象となります。

どの程度の技術・知識や経験が求められますか?

派遣先機関によって異なりますが、日本語教育の知識や経験は問いません。
現地日本語教師の多くは日本語を母語としないことから、日本語母語話者である“日本語パートナーズ”に対しては発音や会話練習の補助、および日本と日本語についての情報提供者として、大きな期待が寄せられています。現地教師と連携を図りながら、アシスタントとしての役割を果たすことが求められます。

応募時に必要な「日常英会話」はどの程度のレベルが必要でしょうか?

英語で最低限の意思疎通が図れる程度、現地での生活に困らない程度のレベル(身の回りのできごとについて、知っている単語や表現で会話のやりとりができること)が必要です。ただし、派遣先によっては、より高度な英語の運用能力が求められる場合があります。

活動内容などについての説明会はありますか?

説明会は募集時期にあわせて各地で実施します。その他、不定期ではありますがイベント等も実施します。どなたでもご参加できますのでお気軽にお申込みください。
※開催日程など詳細については、国際交流基金アジアセンターウェブサイト「イベント・説明会」をご覧ください。

海外に在住しているのですが、海外からの応募は可能でしょうか?

可能です。ただし、以下の点についてご留意ください。

(1)FAXやEメールでの応募は受け付けません。期日までに書類を郵送してください。
(2)選考においては、海外在住という理由で特別な配慮はせず、国内在住の応募者と同様の条件で行います。
(3)第2次選考(面接)のための交通費は応募者の負担となります。
(4)内定した場合、内定受諾の意思を確認する「意思確認書」等の重要文書をやりとりすることになりますが、送付先は日本国内の住所に限ります。海外への郵送や電子データでの送受信はできませんので、ご家族等に転送を依頼するなど、あらかじめ対応方法を検討するようにしてください。各種書類は、期限内に国際交流基金に返送いただく必要があります。
(5)以下の理由により、内定後出発までの期間は、日本国内にいることが望ましいです。

  • 渡航手続きのため、個人事項証明書(戸籍抄本)等の書類を期限内に準備する必要があること
  • 旅券申請に必要な証明写真の撮影は非常に厳密であるため、日本での写真撮影をお勧めしていること。また同写真に不備があった場合に撮り直しに即対応する必要があること。
  • 査証取得のために、派遣先の大使館・領事館等と書類のやり取りやインタビューが必要となる場合があること

(6)内定者が参加する派遣前研修において、研修施設までの交通費は国内移動分のみの支給となります。
(7)派遣先への出発および帰国は日本発着となります。
(8)本邦以外の永住権や長期滞在許可・査証をお持ちの場合は、応募前に国際交流基金アジアセンターへお問い合わせください。また、応募を考えている国への渡航が可能かどうか、ご自身でも調べておくようお願いします。

複数回の応募は可能でしょうか?また、選考途中の段階で、重複して次の募集に応募することは可能でしょうか?

選考に通過しなかった場合、次回募集に再応募することは可能です。同時期に行っている募集に重複して応募することも可能ですが、いずれかの選考で内定を受諾した場合、その時点でもう一方の応募については選考を終了します。

一度派遣された“日本語パートナーズ”が再応募することは可能でしょうか?

可能です。ただし、できる限り多くの方に機会を提供するため、“日本語パートナーズ”として一度も派遣されていない応募者を優先します。なお、“日本語パートナーズ”として派遣中に再応募する場合は、応募前に国際交流基金アジアセンターへお問い合わせください。

現在の募集状況、今後の募集について教えてください。

以下のページから確認できます。

※国際交流基金アジアセンターウェブサイト「募集情報」 をご覧ください。
なお、最新情報はメールマガジンでも配信しています。メールマガジン登録ページをご覧ください。