最新情報はこちら

響きあうアジア2019 展覧会「展示で巡る“日本語パートナーズ”の5年」を開催

国際交流基金アジアセンターは、「響きあうアジア2019」の一環として、展覧会「展示で巡る“日本語パートナーズ”の5年」を開催しています。
展覧会では、2014年の開始以来5年にわたり、「文化の違いを超えて繋がる心や広がる共感」をキーワードに、これまで"日本語パートナーズ"が築いてきたアジアとの絆や現地の活動の様子を、写真や動画などを通じてご紹介しています。
7月13日(土曜日)および14日(日曜日)、会場に“日本語パートナーズ”経験者を招いて特別イベントを開催します!
経験者が現地での活動を写真で紹介するほか、来場者の皆様からの質問にお答えします。

【特別イベント】“日本語パートナーズ”経験者が語るアジア体験(各回約15分)
<インドネシア経験者>
7月13日(土曜日)12時30分頃から/14時30分頃から/17時00分頃から
<タイ経験者>
7月14日(日曜日)12時30分頃から/14時30分頃から

“日本語パートナーズ”派遣事業をご紹介する展覧会とイベントにぜひお越しください!

会期 2019年7月2日(火曜日)~7月15日(月曜日・祝日)
10時00分~18時00分 (期間中毎日開催)※7月15日(月・祝)は17時00分まで
会場

東京芸術劇場地下1階 アトリエウエスト アクセス
東京都豊島区西池袋1-8-1 Googlemap
(JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 各線「池袋駅」西口より徒歩2分。駅地下通路2b出口と直結)

入場 無料(申込不要)
主催 国際交流基金アジアセンター
共催 東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
日本語パートナーズの活動の写真1
日本語パートナーズの活動の写真2

お問い合わせ:
国際交流基金アジアセンター日本語事業第2チーム
電話:03-5369-6136
Email:nihongopartners@jpf.go.jp
受付時間:9時30分~18時00分(土曜日・日曜日・祝日を除く)

「響きあうアジア2019」とは

国際交流基金アジアセンターは、日本と東南アジアの文化交流事業を幅広く紹介する祭典として「響きあうアジア2019」を開催いたします。国を超え共に創り上げた舞台芸術、映画から、東南アジア選手による混成サッカーチーム「ASIAN ELEVEN」と日本チームとの国際親善試合、“日本語パートナーズ”のシンポジウムまで、お互いの文化が刺激しあって生まれた珠玉のイベントの数々を楽しめる機会です。この祭典は、国際交流基金アジアセンターがこれまで5年にわたり行ってきた相互交流の成果を振り返るとともに、日本と東南アジアとの関係をさらに深めるための起点となることでしょう。
「響きあうアジア2019」は、東南アジアでも展開予定です。

本事業はbeyond2020の認証事業です。

PAGE TOP