最新情報はこちら

今、できることは?

私は学生時チェンマイで短期ボランティアをし、次は長期で来ようと決めましたが、就職後はそのままになっていました。一念発起し、日本語パートナーズ(NP)としてタイに行くことになり、派遣地がチェンマイに決まった時は、長年の夢が叶うと本当に嬉しかったです。

それも束の間、世界的パンデミックで渡航が延期になり、今まで当たり前にあると思っていたものが、当たり前ではなかったことに気づきました。
行き場のない想いだけが募る日々。ですが、人に頼るのではなく自分で決めようと思い、どんな形でも状況が落ち着いたらタイに行くと決めると「今、私にできることは?今、日本でできることをやろう。」と思えました。

念願叶ってタイに来ても、待っていたのは1ヶ月の隔離生活。
やっと学校に行くと、すぐにオンライン授業。生徒に直接会ったのは、4日間。
(生徒に会えていないNPもいる中で、数日でも会えたのは恵まれていました。)


M6(高校3年生)の生徒たちと最初の授業で…
(写真を撮る時だけマスクを外しています。)

朝礼で挨拶し、歓迎の花束をいただきました。学校の先生方と一緒に…

長年夢見たタイで、ひたすら家の中で生活する日々。
思い描いていたものとは違い、不満ばかりが募りましたが、何もやっていない自分に気づき「今、私にできることは?この環境でできることをやろう。」と思いました。

生徒と話したいけど、きっかけがない
→生徒とSNSでつながっているのだから、自分から発信すればいい


授業で生徒と行ったことをクラスだよりにしてSNSで発信

コメントしても、日本語が得意ではない生徒が多い
→拙いタイ語でも、日本語と一緒にコメントすればいい


SNSでの生徒とのやりとり

自分だったら、どうしたら興味を持つかな?どうされたら嬉しいかな?
対面では当たり前にできたことも、オンラインでは勝手が違います。だとするならば、オンラインだからこそできることもあるはずです。
SNSで全体に投稿しても、興味は人それぞれなので、反応がないこともありますが、画面の向こう側の“誰か一人でもピンとくるものがあるならラッキー”くらいの気持ちでゆったりと。
今、私にできることを少しずつやっていこうと思います。

Writer
タイ チェンマイ
河村 愛さん

この人の書いた他の記事

タイの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP