最新情報はこちら

5年生の“初めて”の川柳とおにぎり

テスト期間前の5年生たちに向けて貴重な二つの文化紹介を行うことができました。

 一つ目は、“初めての川柳”です。
では、少しだけ日本語で遊んでみましょうね、言葉のゲームですよ、と説明すると、生徒たちの目が輝きました。物静かで手作業好きな5年生ですから『はじき絵』で表現してもらうことにしました。“常夏の(7文字)マレーシア”が題目です。ここの(7文字)へ好きな言葉を入れましょうね。でもね、詳しく書かなくてOKですよ!と伝えました。短い時間でしたが、辞書やカウンターパートのBie先生、私に質問しながらワイワイ考えてくれました。
では、『はじき絵』で表現しましょう!バティックの技法と同じですよ。ほら、白いクレヨンで書けば、他の人に見えませんから恥ずかしくありませんよと教えると、初めての“川柳&はじき絵”にも関わらず、あっという間に完成です。

写真
少し自信がついたかな?
自慢げに作品を指さしてますね!
写真
少しの導きさえすれば
自分の心は誰でも表現できますね!
写真
“隠された 若き心を 覗き見る”そんな一句を詠む私
生徒の川柳の写真「とこなつのゆめはレーサー マレーシア」
私の趣味にヒットした一句!

たった30分で生徒たちは見事に自分の心を表現しました。言葉遊びはリズム感の良いマレーシア人にピッタリなのかもしれません。

二つ目は、お待ちかねの“初めてのおにぎり”です。
具材は生徒持参です。『握ります』を強調し、日本の心のこもった“家庭料理”のおにぎりを作ることができました。彼女や母親を想いながら握ったのかな?大きなハート形のおにぎり。アレンジのバリエーションは、ラップに絵を描きデコお握り。生徒は自由に自分らしさを握ることができました。

写真
ご飯の余りは無しです!握ることが楽しくて止められません!と、笑顔で話す5年生が可愛い!
写真
自分へのご褒美?はい!と元気に答える笑顔。
写真
お母さんへ、お弁当箱を持参しました
写真
家族へのプレゼントです!
写真
彼女へのプレゼント・・・
らしいです!

大切そうに自分で作った初めてのお握りを持ち帰りました。

写真
海苔巻きタイプは学校の売店でも買えますから、海苔無タイプがお気に入りのようですね。

日本語の“包む”文化に気付き始めたのでしょうか?私の『誰にお握りをあげますか?』の問いには・・・
『えっと・・・ウフフゥ』と日本語と可愛らしい笑顔で答えていました。
ありがとうね、5年生の皆さん。どうか、元気に試験を乗切ることができますように。

Writer
マレーシア スランゴール州
赤羽 智子さん

この人の書いた他の記事

マレーシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP