最新情報はこちら

学生の1日に密着

ミャンマー短期の松尾貴子です。今回はマンダレー外国語大学の学生の生活についてご紹介します。日本語学科には一学年60名前後、四学年で280名ぐらい在籍しています。2年生の学級委員のピューピューウインさんとラーティーさんが協力してくれました。

「おはようございます。」

登校した生徒の写真
ほとんどの学生がバイクで通学していますが、徒歩の人や車で送迎してもらっている人もいます。
ピューピューウインさんは徒歩で、ラーティーさんはバイクで通学しています。

「ここが私たちの教室です。」

教室の前の生徒の写真
2年生の授業は、午前中は一般教養で、午後は専門科目になっています。

ある日の時間割
   9:00~   9:50 英語
10:00~10:50 歴史
11:00~11:50 ミャンマー語
11:50~12:30 昼休み
12:30~13:20 日本語(読解・作文)
13:30~14:20 日本語(聴解・会話)
14:30~15:20 日本語(文法)

生徒の写真
最前列で授業を受ける勉強熱心なラーティーさん。
「難しい授業はありません。モデルになりたいです。」と恥ずかしそうに教えてくれました。

お昼はお弁当を持って来たり、学食で食べたり、外で食べたりしています。ピューピューウインさんは家が近いので、家で食べます。

金属製のお弁当箱の写真
ミャンマーの典型的なお弁当箱。ごはんに豚肉の煮物とオクラです。
校内を歩く二匹の犬の写真
野良犬が廊下を散歩していることも珍しくありません。

放課後は日本語能力試験対策のため民間の日本語学校に通っている学生が多いです。ラーティーさんも毎日通っています。こちらにはアルバイトの仕事がないので、アルバイトをしている学生はいません。クラブ活動もありません。

マンダレーの実家から通っている学生が半分弱、マンダレー以外の出身者は学外にある「寮」と呼ばれるところに住んでいます。ラーショー出身のピューピューウインさんのお部屋を見せてもらいました。

写真
四畳くらいの広さの部屋にベッドが二つある二人部屋です。仕切りはありません。窓もありません。
備え付けのものはベッドと扇風機のみ。勉強机もありません。

 「どこで勉強するんですか。」

「こうやって勉強します。」

ベッドの上に簡易テーブルを置いて勉強している写真
旅行会社に入って日本語を使う仕事をするという夢に向かって頑張っています。
ほとんどの同級生が塾に通う中、自力で頑張りたいというピューピューウインさん。
責任感が強く、真面目な学生です。

この部屋は二人部屋ですが、この寮には三人部屋、六人部屋、十二人部屋があります。十二人部屋も仕切りはなく、自分のスペースはベッドの上だけです。でも、二人部屋も十二人部屋も賃料は同じだと言うので驚きました。トイレ、水浴び場は共同です。

写真
水浴び場。シャワーはなく、洗面器を使って水を浴びます。ここで洗濯もします。

パソコンやスマートフォンは自分のものを持っていて、Facebookもよく使うそうです。休日はあまり出かけず、携帯用のテレビをよく見ると言っていました。

23時ごろ就寝。
夢が叶うといいですね。

こちらの学生の生活のごく一部をご紹介しました。

Writer
ミャンマー マンダレー
松尾 貴子さん

この人の書いた他の記事

ミャンマーの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP