最新情報はこちら

はじめての週末(結婚式)

クアラルンプールでの到着後オリエンテーションを終え、同期に別れを告げ、各々任地での生活が始まりました。
私の赴任先はクアラルンプールから飛行機で一時間弱のジョホールというマレーシア最南端に位置する州です。海の向こう側にはシンガポールが見えます。

初めての週末は、NP(日本語パートナーズ)同期の真由さんの学校の先生の結婚式に呼んでいただきました。
マレーシアでは会ったことのない人にも祝わせてくれます。
今回は日本とは異なる結婚式を、少し紹介したいと思います。

日本語パートナーズ マレーシア ジョホール ウェディングケーキ
ウェディングケーキ
日本語パートナーズ マレーシア
私(左)はJubbahというマキシワンピースの民族衣装を着ました。

マレーシアの結婚式は家の庭で行うのが一般的です。
そしてまずご挨拶に伺うのかと思いきや、MakanMakan!(食べて食べて)と、とりあえずお腹いっぱいに食べるのが先。
さすがはSudah Makan?(ごはん食べた?)が、もはや挨拶のマレーシアです。

たくさんの料理が並んでいます。どれも美味!
みんな大好きドリアンのアイスクリーム。味の感想はご想像にお任せします。

他にもDJがいたり、音楽隊がいたり、ゲストは入れ替わり立ち替わり、とても賑やか。
とても可愛い引き出物のひとつには、定番の茹で卵。
Telur pindangといいます。たくさんのハーブと一緒に茹でる、伝統的な黒卵です。

Telur pindang 中まで黒いです。

花嫁のラヒラ先生はとても美しかったです。
青のきらびやかな衣装と深緑のベールは、ゴージャスな孔雀の様。
どうぞお幸せに。

今回の結婚式もそうでしたが、見ず知らずの私を歓迎してくれるマレーシアは、気候だけではなく、人々がとてもあたたかいです。
毎日の生活でもCP(カウンターパート)の先生をはじめ、他の教科の先生や生徒たちが助けてくれて、感謝の連続。
今は与えてもらうばかりですが、これからひとつでも多く返せるように、なにか残せるように、精一杯努めたいです。

Writer
マレーシア ジョホール州
木村 舞さん

この人の書いた他の記事

マレーシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP