最新情報はこちら

「Makan」と「IG」 何のこと?

Selamat pagi(スラマッパギ)! みなさんこんにちは! 私は日本語パートナーズ マレーシア4期としてクランタン州のコタバルに派遣されている犬塚元将です。
実は私、クアラルンプールでの研修を終えて任地に来てからまだ1カ月も経っていません。しかしその間にたくさんの驚きを体験しました。自分がマレーシアに慣れる前の、まだ日本人的感覚を多く持っている間に、今回はそれらについて綴りたいと思います。 まずは何と言っても「Makan」の文化です。「Makan」とはマレー語で「食べる」という意味であり、同時に挨拶でもあります。マレーシアの方は朝会うと「Selamat pagi」という挨拶と同時に「Makan?」と尋ねてきます。
「ご飯はもう食べたの?」という意味です。ここで困るというか面白いのは、私が「sudah」(もう食べたよ)と答えようと「belum」(まだだよ)と答えようと返ってくる台詞が「じゃあこれ食べなよ!」という食事のお誘い文句だということです。この「Makan?」は朝だけではなく昼や夜にも聞かれます。マレーシアの方にとって「Makan」はただご飯を食べることではなく、大事なコミュニケーションの場であるということは耳にはしていましたが、まさかこれ程とは思ってもおらず、まず第一の驚きでした。

日本語パートナーズ マレーシア クランタン州 朝の「Makan?」ででてくる食べ物の数々
登校してすぐの「Makan」これでも少ない方!

もう一つはSNS、特にインスタグラム(マレーシアではIGと略すらしい)についてです。マレーシアではほぼ全員の生徒がIGをやっています。生徒同士が互いをフォローするのは当たり前として、生徒が先生をフォローすることも珍しくないようで、各学年最初のクラスで自己紹介をした時に必ず聞かれたことは「先生のIGのアカウントを教えて!」でした。また、日本語クラスでしか教えていなかったはずの私のIGアカウントが学校の掲示板に堂々と書かれており、全く面識のない生徒とも繋がることができたのは驚きと同時に嬉しさもありました。

日本語パートナーズ マレーシア クランタン州 SNSのアカウントが掲示され、みんながつながるように告知されています
学校の掲示板:この真横に私のIGアカウントが書かれていました。
*「handsome」も勝手に書かれました。「勝手に」です。

こんな驚きから始まった私のマレーシア生活、明日はどんな驚きがあるのか今から楽しみです!

Writer
マレーシア クランタン州
犬塚 元将さん

この人の書いた他の記事

マレーシアの記事

よく読まれている記事

PAGE TOP