最新情報はこちら

旧正月にベトナム語で歌っちゃいました!

2月9日に派遣先の中学校でTETのイベントでベトナム語の歌をステージで歌う機会がありました……!

TET(テト)とは、ベトナムのお正月(旧正月)です。今年は2月15日が大晦日、16日が元旦。実は新正月のお祝いはベトナムでもあり、1月1日は祝日です。新正月のカウントダウンイベントなどがハノイでは旧市街を中心とした観光エリアで大きく行われました。しかし参加するベトナム人は増えていますが、観光などでベトナム在住中の外国人が多く参加するイベントのようです。テトの祝日は、2月14日から2月20日と長く、ベトナム国民にとって一年の始まりのとても大切なお正月です。ベトナム人はテトを家族で過ごすことが常識で、私がテトの時に日本に帰らない事にとても驚かれました(汗)。そんなベトナムの旧正月に、学校でも旧正月を味わえるイベントが開催されたのです。

グランドには生徒達が歌や踊り、ファッションショーをする大きなステージとボルダリングのように登れるアトラクションコーナー、浴衣やベトナム書道の体験コーナーなどが設置され、イベントは本格的です。浴衣の体験コーナーはとても人気で大盛況でした!

私が歌うことになったパフォーマンスは、生達が歌いその周りを生徒が踊るというパフォーマンスです。

歌は全員で歌いますが、それぞれ一人で歌うパートがあります。ベトナム語は派遣前研修の時から勉強していますが、大勢の前で歌うにはまだ未熟すぎる……と思いましたが、何事も経験。語学は恥をかいた数だけ上達するものなので、日本語クラスの生徒達に見せるためにも、即参加したいと手をあげました。ステージ本番当日前までに昼休みに集まり練習するのは、とても楽しい経験でした。生徒のダンスとの打合せや練習も盛り上がりとても楽しかったです。当日のステージ終了後の達成感と一体感はかけがえのない思い出となり、さらにベトナムが好きになった一日となりました。

PAGE TOP